ユヴェントスが3位浮上! C・ロナウドの終盤2発でウディネーゼに逆転勝利

拡大画像を見る

 セリエA第34節が2日に行われ、ウディネーゼとユヴェントスが対戦した。

 インテルの優勝が決まったセリエA。2連勝を狙う11位ウディネーゼとチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指す暫定5位ユヴェントスの一戦となった。同節でナポリがカリアリと引き分けているため、ユヴェントスは勝利すれば3位に浮上する。

 試合を動かしたのはホームのウディネーゼだった。10分、右サイドのエリア手前でFKを獲得すると、縦につないでエリア内に侵入したナウエル・モリーナが右足で強烈なシュートを放つ。ボールはGKヴォイチェフ・シュチェスニーの手を弾いてゴールネットを揺らした。

 ユヴェントスは27分にチャンスを迎える。右サイドのCKからウェストン・マケニーが飛び込みながらヘディングで合わせるが、ボールはゴールの左へ。同点とすることはできなかった。ユヴェントスは34分、パウロ・ディバラがエリア手前から右足で狙うが、GKにセーブされる。

 1点ビハインドで後半へ折り返したユヴェントスは59分、ロドリゴ・ベンタンクールからエリア手前でボールを受けたクリスティアーノ・ロナウドが左足でミドルシュートを放つが、GKの正面を突いた。さらにユヴェントスは63分、マケニーがエリア内左に侵入してシュートを放つが、これは相手ディフェンダーにブロックされる。

 1点が遠いユヴェントスは66分、ディバラに代えてアルバロ・モラタを投入する。ユヴェントスは終盤の82分、エリア手前でマケニーが倒されてFKを獲得すると、C・ロナウドが直接狙う。これが相手のハンドを誘発してPKを得る。83分、C・ロナウドがこれをゴール左下に決め、同点とした。

 ユヴェントスは89分、同点弾を奪う。左サイドをドリブルで持ち上がったアドリアン・ラビオがクロスを上げると、走りこんだC・ロナウドがヘディングで合わせてゴールネットを揺らした。ユヴェントスが土壇場で逆転に成功した。

 試合はこのまま終了。序盤に先制を許したユヴェントスだったが、C・ロナウドが終盤に2得点を奪い、ウディネーゼに逆転勝利を収めた。ユヴェントスは勝ち点を69ポイントに伸ばし、3位に浮上した。ウディネーゼは2戦ぶり黒星となった。

 次節、ウディネーゼは8日にホームでDF冨安健洋が所属するボローニャと、ユヴェントスは9日にホームでミランと対戦する。

【スコア】
ウディネーゼ 1-2 ユヴェントス

【得点者】
1-0 10分 ナウエル・モリーナ(ウディネーゼ)
1-1 83分 クリスティアーノ・ロナウド(PK/ユヴェントス)
1-2 89分 クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)

関連リンク

  • 5/3 2:56
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます