本当に彼のことが好きかな...?結婚をためらった理由とは

拡大画像を見る

 結婚適齢期に入ってくると、周りの人たちも次々に結婚を始めて焦ってきているという方も、多いのではないでしょうか。焦っているからといって、気持ちが冷めてしまった彼と、結婚しようと考えている方も多いのではないでしょうか。 今回は、結婚を躊躇ってしまった理由について、ご紹介してきます。結婚を悩んでいる方や、結婚をやめたことのある理由とは、どのようなものなのでしょうか。 


相手の嫌な部分を見ないようにしていた

時間にルーズな部分など、どうしても許すことのできない場面は多くあったのに、「結婚したい」という気持ちが強すぎて、彼の欠点もあまり気にしないと自分に言い聞かせている方も、多いのではないでしょうか。 彼の行動や気持ちを改善しなければ、絶対に変わることもないので、いつか気持ちが爆発してしまい、我慢の限界が来て別れることになるでしょう。結婚したいという気持ちが強すぎて彼の許せない部分に目をつむっても、良いことは生まれません。 少しくらいの妥協や我慢であれば必要ですが、自分がどうしても許せないことを、一生傍でやられるのは、耐えられる気がしません。相手のことが好きで、見ないふりをしている方は、あまり溜め込まずに、話し合うようにしましょう。  


他にもっと良い人がいないかを考えている

 彼と長く付き合っていて、彼と結婚する将来が見えてこない場合、ほかに良い男性がいないのか常に周りを見て考えているという方も、多いのではないでしょうか。良い人がいないか探しながらも、彼と別れる勇気はないので、黙って合コンや飲み会に参加しています。 付き合いが長くなり、年齢も重ねてくると、別れる勇気がないという方も、多いのではないでしょうか。年齢的にも結婚適齢期に入っているからといって、彼よりも良い人を探し始めた時点で、彼に対する気持ちは冷めているといっても良いですよね。 


一緒にいたとしてもキュンキュンしなくなった

長い間付き合っているということも、原因のひとつになっていますが、彼と一緒にいても、全くキュンキュンしなくなったという方も、多いのではないでしょうか。結婚さえすれば、いずれキュンとするような気持ちはなくなるとも言われています。 結婚前からラブラブでもないのに、結婚したくないと考えている方も多いでしょう。彼からプロポーズされたとしても、キュンとしないのであれば、断ってしまいますよね。スキンシップなども無くなってしまうと、結婚した後は、苦痛に感じるかもしれません。 


結婚が決まると不安を感じる日が多くなった

彼と結婚することが決まって、本当に彼とこのまま結婚してもいいのか分からなくなったという方も、多いのではないでしょうか。条件も良く、自分のことを大事にしてくれるけど、自分の考えが変わることはあまりありませんよね。  マリッジブルーというものは、誰にでも起きてしまう可能性もあります。結婚条件なども確かに大事ですが、、そればかりで選ばないほうが良い場合もあるようです。 


まとめ

 結婚を躊躇ってしまうのは、自分の正直な気持ちなので、誤魔化してはいけません。その場は誤魔化せたとしても、あとで必ず同じ気持ちになってくるか、ずっと誤魔化し続けてストレスが溜まってしまいます。素直な気持ちで物事を考えるようにしましょう。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/2 21:45
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます