はじこい・中学聖日記・G線上…“年下男子×恋愛ドラマ”7選【読者アンケート】

【モデルプレス=2021/05/02】モデルプレスは公式SNSにて「好きな“年下男子の恋愛ドラマ”」をテーマにアンケートを実施。ここでは、7作品をピックアップして詳しく紹介する。

◆初めて恋をした日に読む話

「初めて恋をした日に読む話」(2019年、TBS系)は、超鈍感アラサー女子・春見順子(深田恭子)が、ピンク髪の不良高校生(横浜流星)、東大卒のエリート商社マン(永山絢斗)、元ヤンの高校教師(中村倫也)という、タイプの違う3人からアプローチされるラブストーリーだ。

教師×生徒という王道の“年の差ラブ”設定に加え、横浜演じる“ユリユリ”の美しいビジュアルや高校生らしいまっすぐなキャラクターに魅了される視聴者が続出。今回のアンケートでも「一途なユリユリにキュンとした」という声が多く届いた。

<読者のイチオシ胸キュンシーン>
・第4話の『先生、ご褒美ください』
・第7話の『40秒ハグ』
・最終回の『大学でのキスシーン』

<読者コメント>
「ユリユリの見た目に反して一途なところや、好きな人のために頑張る姿にキュンとしました」
「深田恭子さんの可愛らしさと横浜流星さんの少し背伸びした男子高校生の演技がマッチして、すごくお似合いでした」

◆きょうは会社休みます。

放送終了から約7年が経過した今も“続編希望”の声があがるなど、根強い人気を誇るのが「きょうは会社休みます。」(2014年、日本テレビ系)。

彼氏いない歴30年の“こじらせ”OL・花笑(綾瀬はるか)はある日、飲み会で出会った大学生・田之倉(福士蒼汰)と2人きりになり、そのまま一夜を共に過ごすことに。花笑と田之倉、そして2人を見守り、時に翻弄する食品関連商社のCEO・朝尾侑(玉木宏)の三角関係の恋模様を描く。

優しく花笑をリードする田之倉に、読者からは「最強の年下彼氏」との声が多数到着。また「福士蒼汰くんを好きになるきっかけになった」というコメントも集まった。

<読者のイチオシ胸キュンシーン>
・第1話の『エレベーターでの壁ドン』
・第3話の『頭ポンポン』
・第6話の『花笑が風邪をひいた田之倉を看病するシーン』

<読者コメント>
「このドラマを観て、福士蒼汰くんに恋しました」
「福士蒼汰くんが衝撃的にカッコよかった。年下彼氏の憧れエピソードが詰まっていた」

◆きみはペット

「きみはペット」(2017年、フジテレビ系)は、高学歴&容姿端麗のキャリアウーマン・スミレと、謎のペット志望のイケメン男子・モモとの奇妙な同居生活を描いたヒーリング・ラブコメディ。

2003年に小雪&松本潤でドラマ化されると、韓国でも2011年にチャン・グンソク主演で映画化。リメイク版となる今作では、スミレ役を入山法子、“モモ”こと合田武志役を志尊淳が演じている。

読者からは、モモの母性本能をくすぐる愛らしいキャラクターに「癒された」という声や、「子犬っぽい可愛さと男らしさとのギャップにドキドキした」というコメントが寄せられた。

<読者のイチオシ胸キュンシーン>
・第5話の『キスじゃないよ、甘噛み』
・最終回の『エレベーターでのキスシーン』

<読者コメント>
「ペットとして飼われるようになった年下男子が、だんだん男前に変わっていく様子にキュンキュン!」
「犬感満載な甘々シーンと男らしいシーンのギャップがたまらない!」

◆G線上のあなたと私

「G線上のあなたと私」(2019年、TBS系)は、大人のバイオリン教室を舞台に、主人公・小暮也映子(波瑠)と大学生・加瀬理人(中川大志)の切ない恋模様や、主婦・北河幸恵(松下由樹)との世代を超えた友情を描いたヒューマンドラマだ。

同作は、也映子に生意気な態度で接するが、心の中では彼女を気遣っているという理人の“ツンデレイケメン”ぶりも話題に。今回のアンケートでは、読者から「理人のツンからデレに変わる過程が好き」「大志くんの繊細な演技が素晴らしかった」という声が集まった。

<読者のイチオシ胸キュンシーン>
・第3話の『シャッタードン』
・最終回の『エレベーターでのキスシーン』

<読者コメント>
「8歳差の年下男子(中川大志くん)が不器用だったり魔性だったりと可愛すぎて、私史上ナンバーワンのドラマとなりました」
「初めはぶっきらぼうだった理人が、段々也映子とタメ口になり、可愛く甘えてくるところにキュンとした」

◆中学聖日記

片田舎の中学校を舞台に、年上の婚約者がいながらも、勤務先の学校で出会った10歳年下の中学生・黒岩晶(岡田健史)に心惹かれていく女教師・末永聖(有村架純)の“禁断の恋”を描いた「中学聖日記」(2018年、TBS系)。

年下男子が“中学生”という設定が注目を集めた同作は、映像の美しさはもちろん、有村・岡田の巧みな演技力も魅力の一つ。特に、当時は全くテレビ出演経験がなく、異例の抜擢となった岡田の熱演に心を動かされた読者が多かった。

<読者のイチオシ胸キュンシーン>
・第9話の『山小屋でのキスシーン』
・最終回の『観覧車のシーン』

<読者コメント>
「岡田健史さんの、心に訴えてくる眼差しや表情の演技が素晴らしく、回を重ねるごとに、話に引き込まれた」
「有村架純さんと岡田健史君の美しさが一際でした。映像音楽演出、どれをとっても最高だと思います」

◆恋する母たち

続いて紹介するのは、恋愛マンガのカリスマ・柴門ふみと恋愛ドラマの名手・大石静がタッグを組んだ「恋する母たち」(2020年、TBS系)。一見幸せそうな生活を送りながらも、誰にも言えない秘密と悩みを抱える3人の母親たちの運命を描く。

衝撃的な展開に驚きの声が殺到した“全裸待機”のベッドシーンをはじめ、壁ドンやオフィスでのキスシーンなど、既婚者である年上上司・優子(吉田羊)にアクセル全開でアプローチする年下イケメン・赤坂剛(磯村勇斗)には、多くの視聴者が心を鷲掴みにされた。

今回のアンケートでも、「不倫だけど、なぜか応援したくなる」など、2人に“だめキュン”した読者からのコメントが寄せられた。

<読者のイチオシ胸キュンシーン>
・第3話の『全裸待機』
・第4話の『ブラインドン』
・最終回の『タキシードで優子を迎えに来るシーン』

<読者コメント>
「磯村さんの攻めの姿勢や、吉田羊さんの大人の妖艶さと磯村さんによって引き出される可愛らしさが素敵でした」
「不倫といういけない関係にも関わらず一途に相手を思う優子さんと赤坂くんに毎回だめキュンしてました」

◆ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~

最後に紹介するのは、現在放送中の「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」(毎週水曜深夜1時10分~、テレビ東京)。

容姿端麗で仕事も優秀だが、恋愛経験はほとんどない主人公・九条瑠璃(栗山千明)は、ひょんなことから職場の後輩・真宮亮(小関裕太)に恋愛指南をすることに。恋愛経験豊富な仮面を被ったこじらせ姫と笑顔の下に本音を隠した年下王子の嘘から始まる、“トキメキ”必至のラブコメディだ。

オリジナル作品ならではの、先が読めないストーリー展開が人気を博している同作。今回のアンケートでは、年下男子の可愛さもありつつ、大人の男性らしい一面も見せてくれる亮に早くも夢中になった読者からの声が多く届いた。

<読者のイチオシ胸キュンシーン>
・第3話の『手繋ぎシーン』

<読者コメント>
「小関裕太くんの笑顔や子犬顔が愛くるしい。毎週欠かさず観てお気に入りシーンをリピートしています」
「少女漫画のようなトキメキシチュエーション、韓国ドラマのような展開の早さ、栗山さんと小関さんの繊細な表情から感じる2人の想いなど…みどころたくさんのドラマです」

全7作品のラインナップはモデルプレスInstagramでも公開。(modelpress編集部)

■独自企画「モデルプレス読者アンケート」
モデルプレスInstagram:https://www.instagram.com/modelpress/

モデルプレスInstagramストーリーズにて実施。投票数だけでなく「読者コメントの熱量」「読者コメントの説得力」「モデルプレス編集部の目利き」で総合的に判断して選出。

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 5/2 19:30
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます