【天皇賞・春結果】ワールドプレミアがGI・2勝目! 福永祐一騎手は洋一元騎手との親子制覇達成

拡大画像を見る

 2日、阪神競馬場で行われた天皇賞・春(4歳上・GI・芝3200m)は、中団でレースを進めた福永祐一騎手騎乗の3番人気ワールドプレミア(牡5、栗東・友道康夫厩舎)が、直線で外から各馬を差し切り、その内で食い下がった1番人気ディープボンド(牡4、栗東・大久保龍志厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは3分14秒7(良)。

 さらに2馬身差の3着に4番人気カレンブーケドール(牝5、美浦・国枝栄厩舎)が入った。なお、2番人気アリストテレス(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)は4着に終わった。

 勝ったワールドプレミアは、父ディープインパクト、母マンデラ、その父Acatenangoという血統。2019年の菊花賞以来の勝利をこの大舞台で果たした。今回が本馬と初コンビだった福永祐一騎手は天皇賞・春初制覇で、父・洋一元騎手との親子制覇となった。

<天皇賞・春ダイジェスト>

※スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

関連リンク

  • 5/2 15:46
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます