無双状態に!?コロナ禍の【婚活】で20代男性にモテる秘訣って?

拡大画像を見る


婚活の場においても、その時代によってモテる女性は大きく変わっていくことがほとんどです。特に最近ではコロナウイルス感染拡大防止により、家から出れないという方も多くなってきているので、関係してくることも多いでしょう。 価値観が大きく変わり、今までとは全く違った特徴の人を、好きになっていく方も、多いのではないでしょうか。今回は、コロナ禍の婚活で20代男性にモテる方法について、ご紹介していきます。 


共働きを希望している

今の時代では、経済も上手く回ってないということもあり、いつ自分の会社が倒産するのか分からないという不安を抱えて、働いている方がほとんどなのではないでしょうか。会社が倒産してしまうと、当然ですが収入も無くなってしまいますよね。 結婚して子どもが生まれたとしても、働いていきたいという女性を、今の時代に生きている男性は求めているようです。家事や育児を任せっきりにはしないので、お互いに家事や育児をしながら、お互いに働く過程というのが理想なのでしょう。 「仕事」「家事」「育児」のすべてを共有できるパートナーを望んでいて、婚活で探しているようです。今までのようなものではなく、この支え合っていくことこそが家庭だと考えている方も、多くなっているのでコロナ禍によって、家庭の考えも変わっているのでしょう。 


フットワークの軽い女性

コロナ禍のご時世なので、婚活もあまり上手くいってない方が多くなってきているため、家でも使用することができるマッチングアプリを始めたという方も、多いのではないでしょうか。 相手の会わないと、恋すら始まらないというのに、未だにネット上の出会いに恐怖心を覚えている方も多いようで、じっくり話して2~3ヶ月メッセージをやりとりしたら会いたいという女性も多くいます。 マッチングアプリやメッセージアプリでは、その人の人柄を知ることに限界があります。文章上では一部のことしか分からないため、情報量の差で言うと実際に会ったほうが確実に多いので、フットワークの軽い女性がいいようです。  


おうち時間の趣味が合う

今までの生活だと、よく外に出ていくことも多かったので、たとえ趣味が違っていても、お互いに楽しむことができていましたよね。 今ではおうち時間が多くなってきているので、家の中の趣味に注目されていますが、お互いに趣味が違うと合わないということが多くあります。 在宅ワークが主になったので、家で過ごす時間の共通点を重要視する方も多くようです。家でできる趣味を新しく見つけると、趣味が合いそこから関係が進展するかもしれません。 


危機管理能力がしっかりとある

世の中がコロナウイルスで騒いでいるのに、感染症対策に無頓着な方は、基本的にどんな人でも距離を置かれてしまいます。 咳を手で抑えなかったり、そもそもマスクをしてないほどルーズだと、私生活の部分でもルーズに思われてしまうので、結婚を真剣に考えているのであれば、危機管理能力は大事です。  


まとめ

コロナウイルスの時代なので、お互いにかかるストレスも分散し、将来何が起きても大丈夫なほどしっかりした考えを持っている女性を目指してみるといいでしょう。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/2 12:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます