ソロキャンプに最適! アウトドアで大活躍の最旬「調理道具・調味料」5選

拡大画像を見る

「ソロキャンプ」が流行語に選ばれるなど、空前のキャンプブームまっただ中!
キャンプの楽しみはいろいろありますが、やはり一番の醍醐味は食べることですよね。

 そこでキャンプ飯が美味しく楽しくなる、おすすめアイテムを選りすぐってご紹介。既にキャンプを楽しんでいる人も、これから始めたいという人もぜひチェックしてみてください。

岩鋳の「南部鉄器製ホットサンドメーカー」

 キャンプの朝食や小腹が空いたときにぴったりのホットサンド。ホームセンターなどで見かけるホットサンドメーカーは、フッ素樹脂加工が施されたアルミ製のものが多いのですが、1902年創業の南部鉄器の老舗『岩鋳』が手がけた「手作りおやき角」を使えば、絶品のホットサンドが作れます。

 その秘密は南部鉄。蓄えた熱をじんわり食材に伝える特性により、表面はこんがり、中はふっくら、絶品ホットサンドが焼けるんです。

 直火型なので、焚き火はもちろんバーナー、バーベキューグリル、キッチンのガスコンロでも使えます。ふっくらした形状なのでお好みの具をたっぷり挟むことができ、目玉焼きやウインナーなど、ちょっとした炒め物も作れる優れもの。キャンプで活躍間違いなしです。

●詳しい記事を読む⇒https://www.syokuraku-web.com/column/52616/

燕三条キッチン研究所の「ホットサンドソロ」

 ホットサンドは手軽でいいけど、食パンを2枚使って作るのはボリューム的にちょっと重い……。そんな悩みをズバッと解決してくれるのが、1枚の食パンでホットサンドが作れる画期的なアイテム「ホットサンドソロ」です。

 燕三条のメーカーとクリエイターのコラボにより創られただけに、発想もデザインも実にしなやかでユニーク! ソロキャンプにぴったりですね。

 使い方は簡単。食パン1枚とお好みの具をプレートにのせて、挟んで焼くだけ。パンに弾力があるので、プレートを閉じるときにパンが折れてしまうことはありません。波型のフチのおかげで、パンの端がはみ出ることなくしっかり圧着。フチの部分はカリッと、中はふんわりと焼き上がります。

●詳しい記事を読む⇒https://www.syokuraku-web.com/column/58733/

キャンプに持っていきたいカセットコンロ! 岩谷産業の「タフまるJr.」

 キャンプ飯の大敵は、風。屋外調理で火力が安定しないと、炊いたご飯に芯が残ったり、調理に時間がかかるだけでなく、ガス缶など熱源もロスが大きくなってしまいます。

 そこでおすすめなのが、『岩谷産業』の「タフまるJr.」。風に強い性能はそのままに、従来型の製品を60%まで小型化。コンパクトなのでソロキャンやデュオキャンに最適で、8インチまでのダッチオーブンにも対応。専用ハードケースも付くので、車載や持ち運びもラクラク。安定した火力でアウトドアクッキングがぐんと楽しくなりますよ。

●詳しい記事を読む⇒https://www.syokuraku-web.com/column/58031/

『A&Fカントリー』のおしゃれなソロキャン道具に注目!

 世の中にあふれるキャンプ道具。キャンプ飯に使えそうなアイテムも、いろいろなメーカーからたくさん出ていて、何をどう選べばいいかわからなくなってしまいますよね。

 そんな時はプロのアドバイスを聞くのが一番! こちらでは国内外の優れたアウトドア・キャンプ用品を輸入する「エイアンドエフ」の直営店、『A&Fカントリー』のスタッフが勧める逸品を集めました。

 使い勝手抜群の『LODGE(ロッジ)』の「スキレット(鋳鉄製フライパン)」、バーベキューが数倍楽しくなる『COGHLANS(コフラン)』の「テレスコーピングフォーク」、食材の持ち運びや料理の保温にも使える『Klean Kanteen(クリーンカンティーン)』の「TKキャニスター」など。どれも長く使えて、持っていて間違いなしのアイテムばかりです。

●詳しい記事を読む⇒https://www.syokuraku-web.com/column/59629/

これだけで味が決まる!『U-jack』の万能スパイス「野香」

 キャンプで作りたい料理はあれこれあれど、塩コショウ、ガーリックなど、いくつも調味料を持って行くのは荷物も増えるし面倒なもの。

 1本あれば味が決まるキャンパー御用達の万能調味料はいくつかありますが、今のおすすめはコレ! 多彩なアウトドア用品の企画販売を手がける国内メーカー『U-jack(ユージャック)』が今春投入した「野香」です。

 他の製品に比べて塩味がまろやかで、アヒージョやドレッシング、おにぎり、ホットサンドなど、和洋を問わずどんなメニューにも“しっくり”。軽くて丈夫なクラフト紙のパッケージ入りで、好きな容器に詰め替えて使うのもおすすめです。

●詳しい記事を読む⇒https://www.syokuraku-web.com/gift/64349/

関連リンク

  • 5/2 10:49
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます