尼神インター・誠子と東京03の「歌手デビュー過去」

拡大画像を見る

 不動産・住宅情報サイト「SUUMO」のテレビCMに、お笑いコンビの尼神インター・誠子が出演し、注目を集めている。

 不細工な女芸人として世に出た誠子だが、ダイエットによってかわいくイメージチェンジ。CM「カナメさんセイコさんのイメージ見て見て」編では、夫役の俳優・要潤と仲睦まじい夫婦に扮している。

 昨年9月、本名の狩野誠子名義で自身初となるエッセイ「B あなたのおかげで今の私があります」を発売。子どもの頃から「B」(ブス)と言われ続けた誠子が、強い生き方を綴っている。2019年2月にはひっそり歌手デビュー。バリバリのアイドルラブソング「アップルパイ」と「time is love」を配信している。作詞は誠子で、作曲はお笑いコンビのアイロンヘッド・辻井。編曲はKinKi KidsやももいろクローバーZなどを手がけた十川ともじ。

 ちなみにこの年、東京03もまたひっそりと曲をリリースしている。

「19年6月に『バナナマンのドライブスリー~東京03バージョン~』という楽曲を歌っています。20年来の友人であるバナナマンの番組『バナナマンのドライブスリー』(テレビ朝日系)のテーマソングとして配信されました」(芸能ライター)

 作詞・作曲は角田晃広。番組タイアップのショートソングで、テレ朝以外で流れることはなかった。角田は「ゴッドタン」(テレビ東京系)ほか多くの番組で美声を披露してきたが、飯塚と豊本は歌が不得意。3人そろった歌唱は貴重だった。

 19年にリリースされた2つの曲。ヒットしたかどうかは‥‥聞かないほうがよさそうだ。

(北村ともこ)

関連リンク

  • 5/2 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます