「いい雰囲気になっていた男性」が突然冷たくなった理由9パターン

まだ恋人ではないものの、いい雰囲気になりつつあった男性から、いきなり距離を置かれた経験のある人は少なくないようです。彼らが態度を急変させた背景には、いったいどんな理由が隠されていたのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『いい雰囲気になっていた男性』が突然冷たくなった理由」をご紹介します。

【1】待ち合わせに平気で遅刻されて腹が立ったから
「連絡なしで遅れてきて、しかも謝罪の言葉もなかった」(20代男性)というように、待ち合わせをめぐるトラブルで相手の怒りを買ってしまったパターンです。どんな事情があるにせよ、遅れるときはきちんと連絡を入れ、さらに対面できちんと謝るのが大人の女性のマナーでしょう。

【2】ほかに好きな女性ができたので気持ちが向かなくなったから
「ぶっちゃけ好きな人のことばかり考えて、生活にほかの女性が入り込む余地がなくなった」(10代男性)など、意中の人が現れたために構ってもらえなくなったパターンです。あがいても状況は変わらないので、それを祝福するぐらいの余裕を見せつけてみてはいかがしょう。

【3】勝手な都合でドタキャンを繰り返されてさすがにムッとしたから
「さすがに3回連続で約束をキャンセルされたら次はない」(20代男性)というように、ドタキャンを繰り返したせいで、相手の堪忍袋の緒が切れたパターンです。その人が大切な存在であればなんとかして約束を守るはずなので、「軽んじられた」と思われても仕方がないかもしれません。

【4】何度デートしても関係が進展しないので見切りをつけたから
「正直、付き合えればいいなと思って仲良くしていたから」(20代男性)というように、「男女の友情は成立しない」ことを男性サイドから知らされるパターンです。実際に付き合う気がないのであれば、無理に深追いしないほうが相手のためだと言えるでしょう。

【5】自分が好きなものを馬鹿にされて「こいつとは無理」と悟ったから
「好きなバンドの悪口を言われて、それだけは許せなかった」(10代男性)など、相手の好きなものを否定して不用意に怒らせてしまったパターンです。いくら本心では馬鹿にしていても、相手の気持ちを推し量ってそこには言及しないのが大人というものでしょう。

【6】何かにつけて上から目線の物言いをされて気分が悪くなったから
「仲良くなるにつれて説教されるようになって『お前、何様なの?』と思った」(20代男性)など、上から目線の物言いで相手の気分を害してしまったパターンです。「親しき中にも礼儀あり」という言葉を肝に銘じて、必要以上に踏み込まないほうがお互いのためでしょう。

【7】奢ってもらって当然のような態度に嫌気がさしたから
「形だけでもいいから財布を出して割り勘にする姿勢を見せてほしい」(20代男性)というように、奢ってもらえるのが当たり前という態度で嫌われてしまったパターンです。毎回とは言わないまでも、時々は「今日は私がごちそうするね」などの殊勝なセリフを言ってみましょう。

【8】自分の家族や友人の悪口を言われて許せなかったから
「自分の親の話をしたら『育て方を間違えたんじゃない?』と言われて耳を疑った」(10代男性)というように、相手の家族や友人を非難してキレられてしまったパターンです。逆に自分が言われたら…と想像してみれば、きっとそのような発言は出てこないでしょう。

【9】別の男性との急接近を小耳にはさみ、裏切られた気持ちになったから
「しかも共通の知り合いだったので、余計裏切られた感が強かった」(10代男性)というように、別の男性と親密になりつつあることを知り、好意が憎しみに変わってしまったパターンです。もっとも、誰とでも平等に付き合うことは不可能なので、これはやむを得ない展開かもしれません。

仲がいいと思っていた男性が急に離れていくのは辛いもの。しかし、あなたに責任があるのであればその事実を受け止めて、なんらかの対応策を考えたほうがいいでしょう。(石原たきび)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/2 10:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます