今夏の注目株パウ・トーレス レアルに加えマンUも興味

拡大画像を見る

ビジャレアルのCBパウ・トーレスが、来シーズンのマンチェスター・ユナイテッドとの契約に近づいているだろうと、『Cadena SER』の番組「El Larguero」が伝えている。ヨーロッパリーグの決勝に大きく近づいているイギリスのクラブの思惑は、EURO開幕前に獲得に動き、スペインのクラブを脅かすことだ。

メガクラブ行き噂されるビジャレアルCBが最高のストライカーを挙げる「彼以上は他にいない」

クラブの下部組織で活躍し、スペイン代表としても活躍したこのDFは、エスタディオ・デ・ラ・セラミカで素晴らしいシーズンを過ごしており、ヨーロッパの数多くのビッグクラブからも注目されている。セルヒオ・ラモスの契約更新が停滞しているレアル・マドリーも、獲得を検討しているチームの1つだ。

また、ビジャレアルは初の欧州大会決勝進出にも近づいている。ウナイ・エメリ監督のチームはアーセナルを2-1で下しており、ヨーロッパリーグ(EL)決勝への進出するためには、6日(木)にエミレーツ・スタジアムで行われる2ndレグでアドバンテージを生かす必要がある。1stレグでは前半でアーセナルを圧倒し、より多くの得点が生まれてもおかしくなかったが、後半の二コラ・ペペのPKにより、アウェイゴールを献上している。

■パウ・トーレスの素晴らしいシーズン
パウ・トーレスは、ビジャレアルで素晴らしいシーズンを送っており、センセーションを巻き起こしている。ラウル・アルビオルとともに、ラ・リーガで最も堅固なセンターバックコンビを形成し、今シーズン、ここまで合計38試合に出場。欠場したのはフィジカル的な問題を抱えた4試合だけだ。

もし、移籍が決まれば、パウ・トーレスはエリック・バイリーと同じ道を辿ることになる。このコートジボワール人はビジャレアルで輝きを放ち、イギリスのクラブは2016年に3,800万ユーロ(約50億円)の契約解除条項を支払って獲得した。

関連リンク

  • 5/1 20:00
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます