アザール先発復帰のレアル、終盤2発でオサスナ撃破…首位アトレティコを追走

拡大画像を見る

 リーガ・エスパニョーラ第34節が5月1日に行われ、レアル・マドリードとオサスナが対戦した。

 直近のリーグ戦3試合で1勝2分けと失速している2位レアル・マドリードと11位オサスナの一戦。同日に首位アトレティコ・マドリードが勝利しているため、レアル・マドリードは勝って勝ち点差2ポイントを維持したいところだ。

 なお、5日にチャンピオンズリーグ(CL)準決勝のチェルシーとのセカンドレグを控えるレアル・マドリードはFWエデン・アザールが先発に復帰し、MFトニ・クロースやMFルカ・モドリッチがベンチスタートとなった。また、主将DFセルヒオ・ラモスは負傷の影響で招集外となっている。

 レアル・マドリードは立ち上がりの3分、アザールがエリア内中央から右足で狙ったが、これは枠を捉えることはできない。試合を優位に進めるレアル・マドリードは26分、右サイドのCKの流れからマルコ・アセンシオがクロスを入れると、これにエデル・ミリトンがヘディングで合わせる。しかし、相手GKの好セーブに阻まれた。

 レアル・マドリードは33分にもチャンス。アセンシオから受けたヴィニシウス・ジュニオールがエリア内から左足でシュートを打つが、わずかに左に外れた。オサスナは前半終了間際の45分、左サイドからのアーリークロスにエセキエル・アビラがヘディングで合わせ、ゴール右に決めたが、オフサイドによりノーゴールとなった。

 スコアレスで後半へ折り返したレアル・マドリードは76分、ついに試合を動かす。左サイドのCKからエデン・ミリトンがヘディングで合わせると、ボールはゴール右に吸い込まれた。さらにレアル・マドリードは80分、カリム・ベンゼマがドリブルで仕掛け、エリア内にラストパス。これに走りこんだカゼミーロが右足で合わせると、ゴール左に決まった。

 試合はこのまま終了。苦戦を強いられたレアル・マドリードだったが、終盤の2得点でオサスナに勝利。首位アトレティコ・マドリードとの勝ち点差2ポイントをキープしている。オサスナは2連敗となった。

 次節、レアル・マドリードは9日にホームでセビージャと、オサスナは8日にアウェイでアスレティック・ビルバオと対戦する。

【スコア】
レアル・マドリード 2-0 オサスナ

【得点者】
1-0 76分 エデル・ミリトン(レアル・マドリード)
2-0 80分 カゼミーロ(レアル・マドリード)

関連リンク

  • 5/2 5:51
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます