どうしてなの?愛されたいと願うほど【幸せが遠のく】理由って?

拡大画像を見る

 愛に飢えているときほど出会いが全くなく、愛が満たされているときほど、抱えきれないほどになりがちです。愛を願えば願うほどに、遠くなっていくのはなぜなのでしょうか。 愛されたいと思いすぎてしまうからこそ、自分から恋愛運を下げてしまうのかもしれません。今回は、愛されたいと願うほど幸せが遠のく理由について、ご紹介していきます。 


恋愛体質だと思われる

出会うタイミングさえあれば、自然に恋ができるという余裕を持っていないほど、余裕がなくて愛されたいということをアピールすると、「恋愛体質なの?」と感じられてしまうこともあるのではないでしょうか。 生活の中心を恋愛にしてしまうと、「この子と付き合ったら大変そう」だというイメージを、持たれてしまうことが多くあります。一度イメージを持たれてしまうと、なかなか取り払うこともできないので、気を付けてください。 付き合う前の状態から「重たい女」だとアピールするようなものなので、できればやめておいたほうがいいですよね。恋愛を生活の中心にしてしまわないように、気を付けてください。 


将来が見えてこない

彼に愛されたいという気持ちは、恋愛さえできれば良いというふうに、受け取られてしまうこともあります。結婚を考えてまでの本気の交際なのか、どのくらい真剣に恋愛をしたいと考えているのか分かりにくいでしょう。 愛されたいと考えれば考えるほどに、気持ちを軽く考えられてしまう可能性もあるので、愛されたいという気持ちは考えすぎないようにしましょう。愛されたいという気持ちは、なるべく隠しておくようにしましょう。 


自分のことだけを考えていそう

人よりも余計に愛されたいという気持ちが強い人ほど、自分が相手を愛していると、相手に伝えることが、苦手な方は多くいます。自分が相手のことを愛しているということだけで満足してしまい、相手の気持ちに気が付かないということは珍しくありません。 「自分がかわいそうなので、自分を愛してほしい」という気持ちがかなり強い人ほど、自分のことが一番かわいく感じているのではないでしょうか。気持ちが強いからこそ、「大切にしてくれないのでは?」という不安を抱かせてしまうようです。 


恋愛のためなら別のことを疎かにしそう

自分が愛してもらうためなら、どんなことでもするという気持ちを持っていれば、相手は「かわいい」ではなく、「怖い」もしくは「恐怖」すらも感じてしまうようになります。 生活の一部に恋愛があってしまうと、バランスが取れた生活をすることもできるので、生活の中心ではなく、生活の一部にするようにしてください。 相手の生活まで乱してしまうような恐れのある恋愛はしてはいけません。お互いに幸せになるためにもバランスの取れた恋愛をするようにしてみてはいかがでしょうか。 


まとめ

愛されたいという気持ちが強ければ強いほど、隠そうとしても言動に現れてしまいます。相手を遠ざけてしまうほど、恋愛に対して必死になると、自分が苦しくなっていくだけです。 幸せになるために、愛は求めるものではなく、与えるものだということを、意識してみてはいかがでしょうか。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/1 20:15
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます