【福岡】フルーツ王国!秋の実りを味わって行きませんか☆

拡大画像を見る

福岡県うきは市は年間を通じ「フルーツ王国」と呼ばれる町で、東西に約30km続く耳納連山の斜面に、多くの果物が栽培されています◎11月頃から山肌を柿の木畑の紅葉が圧巻です♡そんなフルーツの里をご紹介♪


【町を代表する柿の木は愛情がたっぷり詰まっているよ♪】



甘柿は町を代表する果物◎主に「富有(ふゆう)柿」ですが、他にも時期によって「早秋(そうしゅう)柿」「太秋 (たいしゅう)柿」等の品種が有るのです◎
剪定から収穫の間には、草刈りや消毒、防除等1年を通して小まめな手入れをするそうです☆


【掌程の大きな葉っぱと、甘くて大ぶりの柿の木になる秘訣☆】



紅葉が終わり葉が落ちると躍動感のある枝が顔を出します☆一般的に庭先で見る柿の木と違い、農園の柿の木は盃を逆さにした様な形なのです◎
全体に日光が当たりやすくなり、大きい実になるそうです◎後は背丈が低いことで作業効率化になるのですね♪


【葡萄狩りで賑わったその後の畑はどうしているのかな?】



夏は葡萄狩りを楽しむ事も出来ます♪収穫後11月頃の畑は、「二番果」と呼ぶ実が付いています◎
後で伸びた枝に花が咲いて実がなった物☆味は生だと酸味があり、昔はジャム等を作っていたそうですが、現在は養分がとられる為カットするそうです☆


【秘訣を知ると食べたくなっちゃう♡】



お話を伺った農園では、他にも沢山の果物栽培をされているのですが、
手間暇を惜しまない作業が美味しいを生みだし、お客様を虜にしているのでしょうね♡
散策後は道の駅へ直行しちゃいました♪


<スポット情報>
うきは市
住所: 福岡県うきは市浮羽町朝田582-1 うきは市民センター 2階
電話: 0943-77-5611(うきは市観光協会)

関連リンク

  • 5/1 19:43
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます