面食い卒業!美女への好意が氷点下まで冷めた瞬間9パターン

男性は「面食いばかり」だと思っていませんか。たしかに「顔」で女性の魅力を判断する男性は多いものですが、容姿がよければ何でも許されるというわけではないようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性148名に聞いたアンケートを参考に「面食い卒業!美女への好意が氷点下まで冷めた瞬間」をご紹介いたします。

【1】親しいはずの女友達を、陰でブス呼ばわりするのを耳にしたとき
「あんなに仲良さそうに話しているのに…女って怖すぎると思いました」(10代男性)というように、親友をブス扱いする美女の「裏の顔」にドン引きするパターンです。陰口をたたくこと自体がよくない行為ですが、顔が美しい分、ギャップが際立ってしまうのかもしれません。

【2】告白してくれた男性を「キモすぎて無理」とこき下ろすのを聞いたとき
「自分を好きな人の悪口ってなかなか言えないものですよね」(10代男性)というように、好意を寄せてくれた男性をバカにして、人間性を疑われたケースです。たとえ恋愛対象として見ることはできなくても、好きになってくれた人への感謝の気持ちを忘れてはならないでしょう。

【3】美しい外見とは裏腹にとんでもない汚部屋に住んでいると判明したとき
「なにか重大な欠陥があるんじゃないかと思います」(20代男性)というように、あまりにだらしない生活ぶりが露呈すると、「人として大きな問題があるかも」と勘ぐられてしまうようです。片付けが苦手でも、最低限の「清潔さ」だけは維持できるよう努力したいところです。

【4】「年収2000万以下はありえない」など、男性に求める条件が高すぎるとき
「そんな人僕の周りにいないですよ」(20代男性)というように、高すぎる理想をぶちまけるのも、男性をドン引きさせるようです。年収や学歴、身長など、すぐに変えられない「スペック」へのこだわりを口に出すのはやめておきましょう。

【5】かわいいから許されるとばかりに、めんどうな仕事を押し付けられたとき
「人に甘え過ぎ。ホイホイ手伝う男も悪いんだけど(笑)」(20代男性)というように、すぐに他人をコキ使う性格のせいで男性が離れていくパターンです。男性のほうから「手伝おうか?」と言われたのだとしても、「えー、悪いよー」と一旦遠慮したほうが謙虚に見えそうです。

【6】感情をセーブできずヒステリー女に変身したとき
「理不尽すぎて無理と思いました」(20代男性)というように、たとえ美人でも、情緒不安定な女性と付き合いたいと考える男性は少数派のようです。気分の波が激しい人は、それが顔に出る前に一呼吸おいて、気持ちを落ち着けるようにしましょう。

【7】平気で二股をかけるなど、モラルがないと知ったとき
「お財布、クルマ扱いされている友達に同情しました」(20代男性)というように、モテるからといって男性を都合よくキープしていることがバレて、悪評が広がるケースです。見た目の美しさから誤解されやすい人ほど、恋愛に対してマジメな姿勢をアピールする必要がありそうです。

【8】耐えがたい口臭・体臭がしたとき
「慣れればどうにかなる…というレベルじゃなかった」(10代男性)というように、「いい匂いがしそうな美女」であるほど、違った場合に与えるダメージが大きくなってしまうようです。臭いはデリケートな問題なので、誰かに指摘されるようなら相当だと考えたほうがいいかもしれません。

【9】ウソ泣きで周囲の同情を引こうとするのがバレバレだったとき
「『オンナの武器』を使いすぎ」(20代男性)というように、不利な状況に立ったとき、涙でごまかそうとするのも、男性を幻滅させてしまうようです。むしろ「美人だからって男を舐めてる」と怒りを買いかねないので、演技は控えたほうがいいでしょう。

生活がちゃらんぽらんだったり、調子に乗りすぎたりすると、せっかくの美人も台無しになります。とにかく謙虚でありたいものです。(外山武史) 【調査概要】 期間:2014年12月1日から8日まで 対象:合計148名(10代、20代の独身男性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/1 16:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます