【天王山S結果】武豊スマートアルタイルがゴール寸前で差し切りV

拡大画像を見る

 1日、阪神競馬場で行われた天王山S(4歳上・OP・ダ1200m)は、中団でレースを進めた武豊騎手騎乗の6番人気スマートアルタイル(牡6、栗東・小崎憲厩舎)が、直線で外から脚を伸ばして、前で競り合う2頭をゴール寸前で差し切り優勝した。勝ちタイムは1分10秒7(重)。

 2着はハナ差で11番人気ホウショウナウ(牡6、栗東・河内洋厩舎)、3着はさらにクビ差で1番人気ジェネティクス(牡4、栗東・西村真幸厩舎)となった。なお、2番人気ウルトラマリン(牝4、栗東・今野貞一厩舎)は6着、3番人気ジャスパープリンス(牡6、栗東・森秀行厩舎)は15着に終わった。

 勝ったスマートアルタイルは、父ヘニーヒューズ、母スマートアルティラ、その父ブライアンズタイムという血統。前走のブラッドストーンSに続く2連勝を飾った。

関連リンク

  • 5/1 15:47
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます