『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』紹介&SFラブロマンスおすすめ4選

拡大画像を見る

目覚めたら、妻が別人に!?パラレルワールドに入り込んでしまった男は再び妻の愛を取り戻せるのか……。 ロマンチックなラブストーリー『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』の紹介と、5/7の映画公開にちなみ、ファンタジックなSFラブロマンスのおすすめ作品をご紹介します。

『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』あらすじ

小説家志望のラファエル(フランソワ・シヴィル)は、ある夜、校内で隠れてピアノを弾いていたオリヴィア(ジョセフィーヌ・ジャピ)と出会う。その日ともに気を失い、まるで運命に導かれるように恋に落ちた二人は、その後も愛を育み結婚。やがてラファエルは書き溜めていたSF小説が認められ、大ヒット。一躍人気作家となる。ピアノ教師としてピアニストを目指すオリヴィアと、幸せな生活を送っていた。

しかし結婚10年目、ラファエルの多忙により二人の時間は徐々に減り、オリヴィアは孤独を抱えるように。ある日の夜不満をぶつけあった二人は大げんかに発展、オリヴィアは家を飛び出してしまう。
悲しみに暮れて眠りについたラファエルが次の日の朝目覚めると、何かがおかしい。

街にはピアニストとして大成したオリヴィアのポスターが貼られ、自分は小説家ではなくしがない国語教師となっていたのだ!もちろん、二人の運命の出会いもなかったことに。

突如、別の世界=パラレルワールドに入り込んでしまったラファエル。妻への愛を再確認した彼は、再び愛を取り戻そうとオリヴィアに近づくが、彼女にはすでに婚約者がいて……。

ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから

ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから

2019年/フランス=ベルギー/118分

作品情報 / レビューはこちら

ファンタジックでロマンチック!フランス発SFラブロマンス

監督は『明日は最高のはじまり』が大ヒットを記録したパリ生まれの映画監督ユーゴ・ジュランです。

監督の「もしも一番大切な人に出会わなかったら?」という発想から生まれた本作は、構想10年をかけて脚本を作り上げたという渾身の一作。
自分の人生を見つめ直し、本当に大切なものに気付くきっかけになるような、普遍的なラブストーリーに仕上がっています。

また、主役のラファエルとオリヴィアを演じたフランソワ・シヴィルとジョセフィーヌ・ジャピのキュートな魅力も満載。二人が並んでいるだけで路地も川べりも絵になる!幸せそうな二人の笑顔をみているだけで、思わずほころんでしまいます。
ちなみに二人は、本作の共演をきっかけに交際に発展したとのこと。フォトジェニックなのも納得なベストカップルなのです。

ファンタジックでロマンチックなラブストーリー『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』。観ればきっとあなたも、運命の恋を信じたくなるはずです。

ファンタジックなSFラブロマンス4選

ちょっと不思議でロマンチックなSFラブロマンス作品をご紹介していきます!

アバウト・タイム 愛おしい時間について

アバウト・タイム 愛おしい時間について

アバウト・タイム 愛おしい時間について

2013年/イギリス/124分

作品情報 / レビューはこちら

21歳の誕生日、自分にはタイムトラベルの能力を持っていると知らされた純朴な青年ティム(ドーナル・グリーソン)。その力を使って運命の女性メアリー(レイチェル・マクアダムス)のハートを射止めることに成功。二人は幸せな結婚をしたと思われたが……。

今回紹介した『ラブ・セカンド・サイト』とも引き合いに出されている、ハートウォーミングなイギリス映画。愛する人と過ごす一瞬一瞬がかけがえのない、大切な時間なんだと気づかせてくれる優しい一作。
レイチェル・マクアダムスもキュートで、ジャケットにもなっている雨の結婚式のシーンは映画史の中でも屈指の名ウェディングシーン!

主人公の叔父さんのオトボケ具合に癒される。

パーム・スプリングス

パーム・スプリングス

パーム・スプリングス

2020年/アメリカ=香港/90分

作品情報 / レビューはこちら

カルフォルニアの砂漠のリゾート地、パーム・スプリングス。そこで行われる結婚式に出席した花嫁の姉サラ(クリスティン・ミリオティ)と青年ナイルズ(アンディ・サムバーグ)がタイムループに巻き込まれ結婚式当日を何度も繰り返すことになってしまう、SFラブコメ。

無邪気に愛を信じられるほど若くはない二人が永遠に続く一日の中で二人が見出した希望とは?
誰かを愛することの尊さを垣間見る、爽やかな後味のアッパーなタイムループラブコメディです。

リッチなのにどこか寂し気なパーム・スプリングスのロケーションも素敵!

あなた、そこにいてくれますか

あなた、そこにいてくれますか

あなた、そこにいてくれますか

2016年/韓国/111分

作品情報 / レビューはこちら

僻地でボランテイア医療にあたっていた医師ハン・スヒョン(キム・ユンソク)が治療のお礼に現地の村人からもらった謎の薬。それは短い間だけ過去にタイムトラベルできるものだった!
スヒョンは忘れられないかつての恋人ヨナ(チェ・ソジン)に起こる悲劇を回避するため、若き日の自分(ピョン・ヨハン)とともに奔走するが、過去を変えることは自分の現在の人生も変えてしまうことだった……。

もしも過去に戻れたら?忘れられない恋人に会いたい?
原作はフランス作家ビヨーム・ムッソの小説「Saras-tu la?」。愛のために奮闘する主人公を描きながらも、やはり韓国映画だなぁと思わせるラストの一押しでぐっと心をつかまれる。
親友役のキム・サンホの活躍に泣く。

天使のくれた時間

天使のくれた時間

天使のくれた時間

2000年/アメリカ/125分

作品情報 / レビューはこちら

13年前、ジャック(ニコラス・ケイジ)は空港にいた。恋人ケイト(ティア・レオーニ)の「行かないで」という懇願を振り切り、富と名声をつかむ未来のために旅立つ。そして彼女の元へ帰ることはなかった。その後、ニューヨークの大手金融会社社長となったジャックは、欲しいものはすべて手に入る生活を謳歌していた。
しかしあるクリスマスの朝、目覚めるとそこは見知らぬ郊外の一軒家。隣にはケイトが眠り二人の子どもたちがいる。そこは、ジャックが選ばなかったもひとつの未来―ケイトと結婚した別の世界だった!

最初はつつましい生活に嫌気がさしていたジャックも、家族との生活に幸せを見出していく。やがて元の世界に帰る時がやって来るが……。

今の自分とは違う生き方を体験するという点で『ラブ・セカンド・サイト』とも通じる点がある映画。恋愛や結婚だけでなく「職業的な格差」にも言及しており、本当に大切なものは何なのか、自分の人生を振り返りたくなる、示唆に富んだ一作です。

関連リンク

  • 4/30 12:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます