福原愛&瀬戸大也だけじゃない!?「肉食不倫」に「パチンコ沼」一流アスリートの乱れた私生活!

拡大画像を見る

 連休特別企画! 2021年1月~4月の4か月間に本サイトでアクセス数の多かった人気記事BEST3をジャンル別にプレイバック。今回は、不倫騒動で揺れる「アスリート」たちの事件簿!

3位 福原愛以外も!「肉食不倫&パチンコ沼」五輪女子メダリストの乱れた私生活!!

 あの“泣き虫愛ちゃん”が――。衝撃的な不倫疑惑が報じられ、日本を含むアジアの国々を大いに騒がせている、卓球女子元日本代表の福原愛(32)。

「4日発売の週刊誌2誌が、全く別の角度から福原の近況を報じました。『女性セブン』(小学館)は不倫疑惑ですが、我が子と夫、実母を台湾に残して夫以外の男性と堂々“お泊まりデート”だなんて、天真爛漫で素朴な彼女のイメージとはかけ離れ過ぎていて、世間的にも相当なインパクトがありましたよね。

 一方『週刊文春』(文藝春秋)の記事は、福原が、夫で元卓球台湾代表の江宏傑(ジャン・ホンジェ/32)とその家族によるモラハラに苦しめられており、既に離婚の意思を夫に示している、というもの。こちらも驚きの内容です」(女性誌記者)

 現在は“不倫”“モラハラ”というワードが一人歩きしてしまっているが、福原が2012年ロンドン五輪、16年リオデジャネイロ五輪と、卓球女子団体の「2大会連続メダリスト」という輝かしい経歴を持っていることを忘れてはならない。

 彼女を含めて、オリンピックを目指す一流アスリート=硬派でストイックというパブリックイメージを持たれることが多い。それゆえに、今回の報道が世間に想像以上の衝撃を与えたともいえるが、実のところ、私生活では意外と“奔放”な選手たちも少なくないという。

「福原の不倫疑惑報道が出て、真っ先に元水泳選手の岩崎恭子(42)を思い出した方も多かったようです。92年バルセロナ五輪の200メートル平泳ぎで、競泳史上最年少となる14歳で金メダルを獲得した彼女は、素朴で愛らしい見た目と、“今まで生きてきた中で、一番幸せです”というレース直後の無邪気なインタビューで、世間のオジサンたちの心をわしづかみにしたんです。

 引退後、スポーツコメンテーターやタレントとして活動している間も、一般的な好感度は高かったのですが、2018年11月6日発売の『FLASH』(光文社)に、夫との離婚協議中に別の男性と手つなぎデートを楽しむ様子が掲載され、後に不倫を認めて謝罪。爽やかなイメージがガタ落ちしてしまいました」(前出の女性誌記者)

■谷亮子や高橋尚子も……

 オリンピックで2度、世界選手権で7度金メダルを獲得し、長らく女子柔道界をけん引した“ヤワラちゃん”こと谷亮子(45)も、スキャンダルで世間を騒がせた一人。

「谷は抜群の知名度を武器に政界に進出、衆議院議員となりましたが、12年、15年と2度も男性秘書との不倫疑惑が報じられ、素顔は“超肉食”“夜でも金”と話題に。しまいには政治資金規正法違反疑惑まで噴出し、16年ごろ政治活動から退きました。特に下半身事情に関する報道は、過去の栄光がかすむインパクトがありましたね。

 一方、“Qちゃん”の愛称で知られる2000年シドニー五輪マラソン女子金メダリストの高橋尚子(48)は、16年8月2日発売の『女性自身』(光文社)で“パチンコどハマり実態”を報じられています。食事もとらず、11時間も一心不乱に打ち続けていたとか。

 本人は記者の突撃に“月に何回かしか行かない”と答えていますが、掲載された写真の“背中の哀愁&常連感”は相当パンチがありましたね(笑)。パチンコに限らず、競馬・競輪などギャンブル全般を好んでいるとも報じられ、イメージとのギャップに当時はネットでも大いに話題になりました。

 ギャンブル方面の近況は不明ですが、このたび東京オリンピック・パラリンピックの女性理事にも選任されたことですし、仕事に邁進してまたあの爽やかなQちゃんスマイルを見せてほしいですね」(前出の女性誌記者)

 たゆまぬ努力と強靭な精神力で、オリンピックの舞台で輝かしい結果を残してきた一流アスリートたち。私生活が乱れがちなのは、長年の厳しい節制生活の反動なのだろうか――。

(2021年3月8日公開)

■第2位は、東京五輪で再起を図る瀬戸大也のゲス不倫!

2位 瀬戸大也、両親大激怒「ウソ」告白でバレちゃった「渡部建的下半身」!

 2020年9月25日発売の『週刊新潮』(新潮社)で、キャビンアテンダントの女性との不倫が報じられた競泳日本代表の瀬戸大也選手(26)。

 その後、地方に住む他の女性との密会も報じられ、瀬戸選手はANAと結んでいた所属契約を解除され、スポンサーも撤退。競泳日本代表チームのキャプテンも辞退し、日本水泳連盟から2020年内の活動停止処分も言い渡されるなど、あまりに大きい代償を支払った。

 不倫報道以降、瀬戸選手自身は沈黙をつらぬいているが、妻の馬淵優佳さん(25)は『FRaU』のインタビューでは夫を支える姿勢を見せたほか、情報番組『ミント!』(MBSテレビ)などに出演し、気丈に振る舞っている。

 しかし、それでも騒動は収まらず、SNSには瀬戸選手と関係を持ったという女性の声が相次いで上がったほか、一部では2020年末に行われた食事会の際には、明け方までハシゴ酒を楽しみ、「金メダルとりまーす」とはしゃいだ様子も見せていたことも報じられてしまった。

 一連の報道に瀬戸選手の両親は怒り心頭だという。両親は1月5日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)の直撃取材に応じ、息子への思いや一部の報道内容に対する不満を語っている。
父親は報道について「あまりにもウソが多すぎる」とし、母親も「飲み会だって言ってもいないし、“金メダルをとります”なんてことも言っていないのに……」とコメント。

「2020年末の食事会が行われたとされる日、瀬戸選手は実家で家族と食事をしていたといいます。この件について、事実無根ということで両親は法的措置も検討しているとのことです」(芸能記者)

■瀬戸選手の“渡部的行為”

 2020年6月の『週刊文春』(文藝春秋)で複数の女性との“多目的トイレ不倫”が報じられたお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建(48)。同年12月に謝罪会見を行ったものの、再び批判が殺到し、いまだに復帰のめどは立っていない。

「渡部の不倫は多目的トイレに女性を呼び出し、3~5分で行為を終えたら1万円札を渡して帰る。渡部の友人の部屋だという殺風景なマンションの一室に呼び出し、行為が終わったら途端に女性を帰したがる、といったものでした。渡部は妻の佐々木希(32)を愛しており、他の関係を持った女性には“感情はない”としています。

 瀬戸選手の母親は取材に対し、“相手のことを知らない”、“女性と関係を持ったのは1回だけ”だと証言しています。相手のこともよく知らないのに、一緒に車に乗ってホテルに行き、ことを済ませたわけです。しかも、その女性とは1回きり。それはつまり、瀬戸選手も渡部的に女性を“性のはけ口”にしていたということになりますよね」(前同)

 瀬戸選手の女性関係の奔放さについては、不倫が報じられる以前から競泳関係者の間ではよく知られていたという。

■瀬戸選手を心配する声も上がっていた

 不倫が明るみに出る前の2020年5月、スポーツメディア『VICTORY』では、瀬戸選手が小学生時代から瀬戸選手を指導してきた梅原孝之コーチとの関係を解消した理由について、遊びにも積極的な瀬戸選手の姿勢によって“ひずみ”が生じた可能性もあると報じている。

 さらに、同年10月のウェブ版『産経新聞』によると、2019年末頃から瀬戸選手の派手な私生活の噂を耳にする機会が増え、海外の選手からも「大也は大丈夫なのか?」という瀬戸選手を心配する声も上がっていたという。

「水泳の日本代表選手の中でも、瀬戸選手が遊びまくっていたことに苦言を呈していた人もいるほど、業界では有名な話だったといいます。また、実の親に、自分の浮気のことを洗いざらい、すべて赤裸々に話す男がどこにいるのでしょうか? めちゃくちゃ遊んでいたと多くの人が口をそろえる瀬戸が、自身の下半身事情を親に話していたのでしょうか。

 一方、彼の両親は息子を救いたい、誤解を解きたいという思いから、取材にいろいろ話してしまったのでしょう。ただ、そのことで瀬戸選手の“渡部的な”奔放さがあらためて明らかになってしまったとも言えそうですし、妻が気丈に振る舞っているという点でも、瀬戸選手と渡部がシンクロしてしまいますね」(前出の芸能記者)

 2021年に開催が予定されている東京五輪。瀬戸選手は再起を図ることはできるのだろうか――?

(2021年1月6日公開)

■第1位は、不倫スクープの福原愛「デート服」は…?

1位 福原愛「お泊りデート服&近接ショット55枚」に総ツッコミ!「堂々としたもんだ」

 3月3日、日本のみならず、台湾・中国にも駆け巡った卓球女子元日本代表・福原愛(32)の不倫疑惑。一夜明けた現在も、波紋は広がり続けている。

「小さなころからテレビを通じて成長を見守り、世間的な好感度の高かった“愛ちゃん”の不倫疑惑とあって、ショックを受けた人々も多かったようです。彼女は中華圏での人気もすさまじく、“瓷娃娃(ツーワーワー、磁器のお人形の意)”や“小愛(シャオアイ、愛ちゃんの意)”と呼ばれて親しまれてきましたから、この一件は現地メディアでも大きく報じられています。

 彼女は16年9月に台湾の卓球選手・江宏傑(ジャン・ホンジェ/32)と結婚し、翌年10月に第1子女児を、19年4月に第2子男児を出産。現在は台湾に生活拠点を置いています。台湾では“憧れの夫婦円満夫妻”としてCM出演などタレント活動も行っていただけに、騒動の影響は甚大。仮に離婚となれば、多額の違約金も免れないでしょう。

また、昨年廃止されましたが、台湾には既婚者が配偶者以外の人と性的関係を結ぶことを刑罰の対象とした“姦通罪”というものがありました。彼女が本当に当該男性と不倫関係にあったかどうかはわかりませんが、台湾ではいまだに不倫=社会的地位や信頼など、全てを失うことと等しいといいます。これらを踏まえると、さすがに台湾での活動は難しくなるのではないでしょうか」(女性誌記者)

 各方面に衝撃を与えた一大スクープ。しかし、ネット上では意外な部分に注目が集まっている。

■福原愛の“デート服”はオシャレなのか…!?

「≪こういう服うちのおばあちゃんが好きだったんだけど今はオシャレなのか…!?≫≪愛ちゃんのセンスよ!≫とツッコミが上がったのが、福原のデート服です。スパンコールのリンゴがあしらわれた茶色のセーターに、星柄のロングスカートを合わせ、片手にはクリスチャンディオールのバックが握られています。

 1つ1つはお高いものなのでしょうが、彼女の年齢から考えると、全体的なコーディネートが少し幼い印象を受けますね。それに、人目につかないことを考えると普通はもう少し目立たないような服装にすると思うのですが、スパンコールの主張が激しいのも気になります。

 また、記事と同時に掲載された写真は55枚にも及び、中にはカメラ目線のようなショットや、近い距離から撮られたものが多数あったことに対しても、≪撮られすぎ≫≪堂々としたもんだ笑笑≫≪すごい至近距離で撮られてて草≫と脇の甘さを指摘するツッコミが相次いでいます。

 一般人ならまだしも、国民の多くに顔が割れているあの“愛ちゃん”ですからね。マスクをしているとはいえ、白昼堂々、横浜の中華街やみなとみらいでデートする度胸とメンタルは流石アスリートといったところでしょうか」(前出の女性誌記者)

 国民的スターゆえに、一挙手一投足に注目が集まってしまう愛ちゃん。この騒動がどんな決着を迎えるのか、アジア全土が固唾をのんで見守っている。

(2021年3月5日公開)

関連リンク

  • 5/1 12:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます