小越勇輝“弱木”、怖がる泉里香“華”をお化け屋敷から救出!手と手を取り合って…

拡大画像を見る

泉里香が主演を務める真夜中ドラマ『高嶺のハナさん』(BSテレ東、毎週土曜24:00~/テレビ大阪、毎週土曜24:56~)の第4話が、5月1日に放送される。

同ドラマは、ムラタコウジの同名人気コミック「高嶺のハナさん」(日本文芸社「週刊漫画ゴラク」連載)を原作にしたすれ違いラブコメディ。会社では高嶺の花として一目置かれているバリキャリOLの高嶺華(泉)が、年下のダメ社員・弱木強(小越勇輝)に恋してしまうのだが、華は、バリキャリOLという姿からは想像もつかない<恋する小学生のような乙女>の一面があり……。彼らを取り巻く同僚として、香音が、総務部の天井苺役を。猪塚健太が後輩の更田元気(通称チャラ田)役を演じる。

第3話では、華(泉)を取り巻く更田(猪塚)と苺(香音)の恋が勘違いのまま進展!? 放送後、インターネット上では「本当に面白い」「全員、勘違いで成立してて飽きない」「キャラ立ちすぎ」と好評の声があがっていた。

<第4話あらすじ>
イベントとお菓子のコラボ企画としてお化け屋敷を体験して怖がる高嶺華(泉)は、弱木強(小越)に救出され手と手を取り合って喜ぶ。

そんな折、女社長一ノ瀬(しゅはまはるみ)から社運を賭けた「クールジャパンお菓子プロジェクト」企画リーダーに選ばれ、もう一人パートナーを探せと頼まれる。

関連リンク

  • 5/1 11:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます