失恋した女性に勇気を与えるアニメソング9パターン

子供の頃から親しんでいるアニメソングのなかには、恋をテーマにした曲が意外と多いもの。なかでも「失恋」を歌った曲は、恋に傷ついた女性に勇気を与えることもあるようです。そこで今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「失恋した女性に勇気を与えられるアニメソング9パターン」をご紹介します。

【1】JUDY AND MARY「そばかす」(『るろうに剣心』OP)
「恋の思い出だけじゃ、腹はふくれない」と、ポップな曲調に乗せて失恋の痛みを振り切る強い女の子を歌った90年代の名曲です。「時間が経てば痛みも薄れていく」(20代女性)など、次の恋に向けてポジティブな気分にさせることができそうです。

【2】supercell「うたかた花火」(『NARUTO〜ナルト〜疾風伝』ED)
「こんな気持ちは知らないままでいたかった」と歌う切ないラブソングです。「『もう全部終わったんだ』っていう気持ちにしっくりきた」(20代女性)、「これが失恋なんだと思った」(10代女性)など、失恋の気持ちに寄り添える曲といえそうです。

【3】石田ようこ「乙女のポリシー」(『美少女戦士セーラームーンR』ED)
大ヒットした女子向け長寿アニメの有名なエンディング曲です。「ピンチを前にしても、自信をもっていこう」と勇気づける歌詞が、「小学生の頃の無邪気さを思い出せる」(20代女性)など、幅広い世代の女性を元気づけられそうです。

【4】高橋洋子「残酷な天使のテーゼ」(『新世紀エヴァンゲリオン』OP)
社会現象にもなったロボットアニメの有名なオープニング曲です。「人類がピンチなときに、失恋とかで落ち込んでる場合じゃないと思った」(20代女性)など、神秘的な歌詞のスケールの大きさゆえに、失恋の悩みがちっぽけに感じられるかもしれません。

【5】ドリーミング「アンパンマンたいそう」(『それいけ!アンパンマン』ED)
誰もが知っている国民的ヒーローが「自信をなくしたときは、いいことだけ思い出そう」と励ましてくれる歌です。「テレビから流れてきて、これだ! と思った」(20代女性)など、素朴な歌詞は誰もが共感できそうです。

【6】きただにひろし「ウィーアー!」(『ONE PIECE』OP)
超人気アニメの元気いっぱいなオープニング曲です。「振りかかるピンチは、何かを変えるチャンスなんだ」というポジティブな歌詞は、「私の人生、まだまだ先に希望がある!」(10代女性)など、前向きなメッセージを伝えることができそうです。

【7】NYC「勇気100%」(『忍たま乱太郎』OP)
長寿アニメの主題歌として15年以上も放送され続けている曲です。タイトル通り「勇気を出すしかない」という気持ちが直球すぎる詞で歌われていて、「いやでも元気になる」(20代女性)など、失恋で弱った女性の気持ちにグッと元気をあげられそうです。

【8】涼宮ハルヒ「lost my music」(『涼宮ハルヒの憂鬱』劇中歌)
大ヒットしたアニメの作中で主人公が歌う元気なロックチューンで、「大好きな人と、いつかまた逢える日がくる」という切実な願いが歌いあげられます。「その日までに、いい女になっておく(笑)」(20代女性)など、笑顔で気持ちを切り替えたい女性にはまりそうです。

【9】本間芽衣子/安城鳴子/鶴見知利子「secret base〜君がくれたもの〜」(『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』ED)
ZONEの国民的ヒット曲をアニメキャラの3人がカバーした曲で、「夏休みはもうすぐ終わるけど、10年後の再会を信じよう」と青春時代のお別れを歌ったバラード曲です。「お別れは悲しいけど、思い出は消えません」(20代女性)など、恋の終わりを噛みしめる女性のセンチメンタルな気持ちにぴったりくるようです。

ほかにも、「失恋した女性に勇気を与えられるアニメソング」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/1 11:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます