秋の絶景!国営ひたち海浜公園へ真っ赤な「コキア」を観に行こう!

拡大画像を見る

みなさん「コキア」という植物を知っていますか?コキアは「ホウキギ」とも呼ばれており、名前の通り、昔はほうきに利用されていたようです。そんなコキアは秋になると赤く色づき、見事な紅葉を魅せてくれます!
春になると、ブルーの「ネモフィラ」が咲くことで有名な「国営ひたち海浜公園」では、秋になると、一面のコキアの紅葉が観ることができます!紅葉スポットとして是非参考にして下さい♡


コキアの見頃は、9月下旬から10月中旬♡



コキアは7月上旬から育ち始め、緑のコキアとなります。緑のコキアもたくさんあると可愛いですよ♡緑のコキアはその後、徐々に秋に向けて赤く色づき始めます!!真っ赤なコキアを観るには、9月下旬から10月中旬に「国営ひたち海浜公園」へ遊びに行きましょう!


公園に着いたら、「みはらしの丘」へ♪



「国営ひたち海浜公園」はとても大きな公園で、お花の鑑賞以外にも観覧車やレンタルサイクル、アスレチックなど楽しむことができます。入園料は大人\450(税込)で、中学生以下は無料となっています。

公園は大きいので、迷ってしまうこともあるかもしれません。コキアを観るには「みはらしの丘」を目指しましょう。「みはらしの丘」に着くと、真っ赤なコキアと赤く染まり始めたコキアのグラデーションが現れてきます♡

コキアを初めて観る方は、「なんだこの真ん丸な可愛い植物は?」と不思議に思うことでしょう。


真っ赤なコキアの触り心地は?




真ん丸のコキアの可愛さは、思わず抱っこしたくなるほど。きっとみなさんもコキアを観たら、このようなポーズを撮りたくなると思います。しかしコキアはホウキギと言うくらいなので、細い枝が集まったような植物。柔らかい植物ではないので注意を。(笑)


コスモス畑も楽しもう!




秋の「ひたち海浜公園」はコキアだけでなく、みはらしの丘の一部にコスモスが咲いており、コスモス畑も楽しめるんです♪

たくさん咲いているコスモスもとても可愛いですよ♡
観る角度によっては、コスモスとコキアのコラボレーションを楽しむことも◎


秋の紅葉は「国営ひたち海浜公園」へ



いかがでしたか?

今回は「コキア」という紅葉について、ご紹介させていただきました。
コキアという植物を知らない方も多いと思います。紅葉といえばもみじやイチョウなどを思い浮かべると思いますが、今年は真ん丸で可愛いコキアの紅葉を楽しんでみてはいかがでしょうか。また、「国営ひたち海浜公園」では、コキア以外にも季節のお花に出会える場所です。是非遊びに行って、お花に癒されて下さいね!


<スポット情報>
国営ひたち海浜公園
住所: 茨城県ひたちなか市馬渡大沼605-4
電話: 029-265-9001

関連リンク

  • 5/1 10:56
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます