S・ラモスが負傷からトレーニングに復帰…5日のCLチェルシー戦の出場を目指す

拡大画像を見る

 レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、チャンピオンズリーグ(CL)のチェルシー戦出場に向けてトレーニングに復帰したようだ。30日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 現在、左足ふくらはぎの筋肉損傷により離脱が続いているS・ラモス。新型コロナウイルス感染もあり、しばらくの間戦線を離脱していたレアル・マドリードの主将だが、ついに負傷から復帰してチームのトレーニングに参加したようだ。

 マドリーを引っ張る闘将は、1日に迎えるリーガ・エスパニョーラ第34節オサスナ戦のメンバーには入らず。しかし、5日に敵地ロンドンで控える、CL準決勝セカンドレグのチェルシー戦への復帰は現実的だと考えられている。リーガとCLの2冠達成に向け大詰めを迎えるマドリーにとって、大きな力となりそうだ。

関連リンク

  • 5/1 10:25
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます