佐藤健、こじらせ“厨二病”時代を反省!? 稀代のモテ男が憧れた「クールキャラ」

拡大画像を見る

 4月25日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、佐藤健(32)が学生時代の失敗について明かした。今回は、同番組20周年記念でMCを明石家さんま(65)が担当、佐藤以外に武井咲(27)、藤田ニコル(23)がゲストとして登場。ゲストや、かつて『行列』に出演していた元ブルゾンちえみこと藤原史織(30)、ぺこ&りゅうちぇる、大渕愛子弁護士(43)らの「人生激変」について迫った。

 佐藤は小学生の頃、野球に没頭しており、憧れの選手は当時メジャーリーグで活躍していたイチロー(47)だった。佐藤は「クールキャラ的なのに憧れがあって。ヒット打っても何にも表情変わらない」とイチローのクールさを絶賛、自分もそんな男を目指したという。

 高校に入学してからはクールキャラに徹し、女子とはしゃべらずに過ごしていた佐藤。高校1年最後の日まで誰からも話しかけられず、意を決して女子に話しかけたところ「佐藤くんがしゃべった」と怯えられたというエピソードが紹介された。その後の高校生活でも友人が増えないまま、卒業。佐藤は、「高校生活、エンジョイできなかったですね」とコメント。

 佐藤は「中学校まではずっと同じ友達じゃないですか。小学校と同じなんですけど」「高校に入るタイミングで友達がガラッと変わるので、これはいいチャンスだなぁと思って」と、クールキャラに変わったタイミングを説明。「休み時間とかも席から立たずに。授業中もずっと寝てたり」と当時の自分を振り返り、「そしたら、誰一人から声かけられなくて」「当時、女性のアドレス、1年間で1人も交換できなかった」と、モテ男とは思えない驚きの事実を語った。

■こじらせていた自分を反省

 佐藤は、高校時代にはブレイクダンスを始めたが「そのダンスをやってることも誰にも言わなかった」といい、「こじれてたんです」と若き日の自分を分析。さんまが「おまえ、こじれてるなぁ」と驚くと、佐藤はあらためて「こじれてました。今思うと」と認め、「文化祭でもクラスメイト全員踊るんですけど、僕だけ踊らない」と続け、東野幸治(53)と後藤輝基(46)から「踊れよ!」とツッコまれていた。

 そんな孤独な青春だったためか、佐藤は「僕、高校のときの記憶があまりないんですよ」「それはすごく人生の中でももったいないことしたなと、今」と後悔をにじませた。佐藤は高校時代に俳優デビューしているが、それも同級生には「言わなかった」といい、視聴者からは「佐藤健にも厨二病(高二病?)時代があったんだなってほほ笑ましくなった」「クールキャラでいこうと思ってってw」「こじらせてんか!?」「イケメンの代表格佐藤健でさえそうなら我々モブ男子は自分から積極的にアピールしないと出会いなんかない」「今は充実して余裕があるんだな」など、驚きの声が上がった。

 高校時代にはこじらせていたという佐藤だが、今では俳優仲間やお笑い芸人など、芸能界での交友関係は広く、ライブ配信アプリ「SUGAR」でファンたちとも気さくに交流している。公式LINE登録者は460万人超え、公式YouTubeの登録者も200万人を越える人気者となった。今の活躍を、高校時代の佐藤に教えたらどう思うだろう。

関連リンク

  • 5/1 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます