松本まりか演じるいづみ、イケメンインフルエンサーのオンラインサロンに入会してしまう

拡大画像を見る

大地真央が主演を務めるオトナの土ドラ『最高のオバハン 中島ハルコ』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の第4話が、5月1日に放送される。

美容外科医でクリニックの敏腕経営者でもあるアラ還名古屋嬢の中島ハルコ(大地)が、無駄なプライドから生まれる悩みや、忖度まみれの理不尽な仕事の悩みをばっさばっさと切り倒していく姿を痛快に描いていく本作。ハルコに出会ったことで翻弄されるアラフォー女子・菊池いづみを松本まりかが演じる。

先週放送された第3話ではいづみと後輩・高田真央(真魚)が、ハルコの“ツレ”が主催しているという女医御用達の婚活パーティ“女医コン”に、三流大出の女医と詐称して参加。いづみの方が、イケメン精神科医・小室(古澤蓮)と良い感じに……というストーリーが展開された。

<第4話あらすじ>
中島ハルコ(大地)のお陰で、学歴コンプレックスを克服した東大女子・高田真央(真魚)。そんな中、恋人の山口翔太(佐野和真)が店主を務める「やまちゃんパン」がインターネット上で炎上! 菊池いづみ(松本)とともに再びハルコに助けを求めるが「アイニク、イソガシイノヨ」と拒否されそうに。そんなハルコにいづみが言う。「ハルコさんでも出来ないことってあるんですね~」。

まんまと、いづみの挑発に乗り動き出すハルコ! 一方、ハルコクリニックの調査担当・秘書の若杉(蕨野友也)が行方不明になっていた。若杉もまた冤罪の炎上騒動に巻き込まれていたのだ。「人の噂とSNSには真実もなければ価値もない! そんなもの気にするだけ時間の無駄! つまりは本来稼げるお金の無駄よ!」。SNSに怒り心頭のハルコ。そんな中、いづみはハルコの従妹で人気主婦ブロガーの丹羽聖子(高橋ひとみ)の取材のため名古屋を訪れる。意識高い系のお弁当屋を開店させていた聖子。そこでいづみは、イケメングルメインフルエンサーのケイスケ(河相我聞)と会い、思わずオンラインサロンに入会してしまう。

そんなケイスケプロデュースのうどん屋を訪れるハルコといづみ。ところが、味が微妙でまたまた怒り心頭のハルコ。物語は意外な展開を見せ、なぜかケイスケと神の舌を持つ名大生ミュージシャン・隆行(永嶋柊吾)がローカルテレビ局でグルメ対決をすることに!「やまちゃんパン」の行く末は!? ケイスケと隆行の対決の行方は? 今回も毒舌満開のハルコ節が炸裂する!

関連リンク

  • 5/1 7:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます