クロップ監督、マンU戦は「100パーセント以上、勝たなければならない」

拡大画像を見る

 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、5月2日に行われるマンチェスター・U戦について言及した。30日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 33試合を消化して6位につけるリヴァプールはプレミアリーグ第34節で2位マンチェスター・Uと敵地で対戦する。今季多くのケガ人に悩まされるリヴァプールは直近の2試合をドローで終えており、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位チェルシーとは4ポイント差となっている。

 マンチェスター・U戦を控えるクロップ監督は、「100パーセント以上、勝たなければならない。でなければ、欧州大会に出場できる可能性はない」と断言。試合に向けて以下のように語った。

「彼らはマンチェスター・Cを追い越すチャンスがあると信じているから、必死になって勝ちにくると思う。タフな試合、激しい試合になるだろう。昨晩、マンチェスター・U(ヨーロッパリーグのローマ戦)を見たが、彼らはいいプレーをしていた。特に、彼らにボールを持たせてしまうとね。彼らは勢いがあった。我々も彼らも勝たなければならないから、いい試合になると思う」

 また、クロップ監督は、CL出場権を逃した場合にクラブに与える影響についても言及。同監督は「CLでプレーすることは、特に経済的に大きな意味を持つ。もし出場できなければ、それは良くないことだ。しかし、それによって何かが変わるとは思えない」と話し、出場権を逃したとしても夏の契約や移籍に大きな支障はないだろうとしている。

 リーグ戦残り5試合でトップ4入りが課題となるリヴァプールにとって、マンチェスター・Uは最大の壁となりそうだが、突破することはできるだろうか。

関連リンク

  • 5/1 0:50
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます