“国宝級豊満バスト”和地つかさ、女優目指し芸能界入り…「やめることも考えていた」引退留まった理由は?<モデルプレスインタビュー>

【モデルプレス=2021/04/30】“国宝級のふくらみ”で話題のグラビアアイドル・和地つかさ(わち・つかさ)。Iカップという豊満なバストを武器に活躍する彼女がブレイクするきっかけとなった、芸能活動の転機とは…。テレビ出演の反響や、ブレイク後の変化、さらには、女性ファン増加にも繋がった、日々の努力についても語ってくれた。

◆“Iカップグラドル”和地つかさ

148cmという低身長でありながら、豊満なバストを持つ“国宝級Iカップグラドル”として名を広めた、和地。2014年にグラビアアイドルとしてデビュー後、バラエティ番組から、映画、ドラマ、舞台など幅広いフィールドで活躍。最近では、イベントMCやコンドームブランドのアンバサダーなども務めている。

ファンからは「わっち」の愛称で親しまれ、近年では、その明るく親しみやすいキャラクターから、女性からの支持も高まっている。和地がブレイクまでに積み上げてきた、数々の努力とは…。人生を変えたテレビ出演や、その後の変化についても明かした。

◆和地つかさ、女優を目指して芸能界へ

― なぜ芸能界を目指そうと思われたのですか?

和地:幼い頃から80年代アイドルに触れていたことがきっかけです。実は私の「つかさ」という名前も、アイドルの伊藤つかささんから取っているのですが、アイドル好きの母の影響で、いつからか自分もキラキラとしたアイドルの世界に憧れるようになりました。

でも、成長していく過程で「自分がクラスで1番可愛い子ではない」と感じるようになり、「それなら演技で違う人になれたらいいな」と思って、中学1年生のときに地元の演技スクールに通い始めました。

― 元々は女優を目指そうと思われていたのですね!

和地:はい。「和地は身長が低いから、女優でやっていくのは難しいんじゃないか」と言われて落ち込んでいた時期もあったのですが、私の中では「演技のお仕事をしたい」という思いしかありませんでした。今では女優のお仕事もできているので、頑張ってきて良かったなと思っています。

◆和地つかさ、テレビ出演から人気急上昇

― 現在、バラエティからドラマまで幅広く活躍している和地さんですが、ご自身の名前が広まってきたなと感じた瞬間はありましたか?

和地:2016年1月に放送された、「有吉のドッキリ初笑い!芸能界煩悩CUP」(フジテレビ系)という新春特番で、私を知ってくれた方が多いと思います。「一緒に温泉レポートをするグラビアアイドルが、タオルの下に着る水着をつけていなかったらどれだけチラ見するのか」という企画の仕掛け人をやったのですが、それをきっかけに色んな方が調べてくれて、検索ランキングにも載ったんです。それまでに販売していたグラビアのDVDなども、いきなり全部ランキングの10位以内に入ったりもして…。

― テレビの影響ってすごいですね…!

和地:ちょうど休業から復帰したばかりの時期で、芸能活動をやめることも考えていたのですが、番組出演の反響を機に「これからもこの仕事を続けていこう」と決意することができました。

その後もバラエティのオファーがきて、番組が放送される度にグラビアのコンテンツも売れてくれたので、本当に運が良かったなと感じています。

◆「グラドルだとバレた」ブレイク後の変化

― ご自身の名前が広まってから、周囲の変化はありましたか?

和地:SNSのフォロワー数が一気に1万人くらい増えました!あと、常連のバーのママにグラドルをやっていることがバレてしまいました(笑)。

― 今までは、お店で声を掛けられることはなかったのですか?

和地:過去に職業を聞かれても濁して答えていたので、全くバレていなかったんです。お店のママには、20歳ちょっとくらいの子が1人でバーに来て、めちゃくちゃお酒を飲んで帰っていくもんだから、風俗嬢をやっていると思われていたみたいです(苦笑い)。

でも、バラエティ番組に出演するようになってから、「あなたテレビに出ていたでしょ!」と言われるようになって、ついにグラビアアイドルだとバレてしまいました。

― そうやってテレビで知ってくれることは嬉しいですね。

和地:嬉しいですね。私はよく近所でお酒を飲むのですが、町の方が本当に温かく応援してくださるんです。雑誌の表紙になったら買ってくれて、サインをお願いしてくれたり、テレビに出たら録画してお店で流してくれたり…。本当に感謝しています。

◆和地つかさ、女性ファン増加で憧れの存在に

― 近年、グラビアアイドルには女性ファンも増えていますよね。

和地:すごく増えていると思います!私を見てこの業界に入ってきたという後輩もいて、「ほんとに?」とびっくりしてしまいましたが、すごく嬉しかったですね。その子と撮影で共演したこともあるのですが、私を見て泣いてしまって(笑)。

― まさに、憧れの存在ですね!

和地:撮影前だったので、泣いた顔で写ってしまうとかわいそうだと思って、「この後に写真撮るから泣かない方がいいよ!」って言ったことを覚えています(笑)。

◆和地つかさの、夢を叶える秘訣

― 最後に、和地さんの夢を叶える秘訣を教えてください。

和地:「やろうと思ったときにやってしまうこと」が大事だと思います!特に芸能界やインフルエンサーなどを目指している子は、今の世の中やろうと思えばすぐに配信などをすることができるし、とりあえず何にでも挑戦してみたらいいと思います。それで自分に合わなかったらやめてもいいし、合っていたのなら是非継続していってほしいです!

― やりたいという気持ちで続けていくことが大切なのですね。

和地:そうですね。私も過去に、「1日1わっち」というハッシュタグで毎日自撮りの投稿をしたり、毎晩インスタライブをしたりしていました。特にインスタライブは半年くらい毎日続けていたら、女性のファンの方がものすごく増えたんです。写真の投稿だけでは伝わらない内面を知ってもらえる機会になったので、続けてきて本当に良かったなと思っています!

― たくさんの努力を継続したからこそ、今があるのですね!ありがとうございました。

(modelpress編集部)

◆和地つかさ(わち・つかさ)プロフィール

生年月日:1993年5月13日
出身:栃木県
身長:148cm

2021年4月より、サブスク型プレミアムファンコミュニティプラットフォーム「ミーグラム(Mi-glamu)」でファンクラブ「わっちんち」を開設。インタビューのオフショットも掲載中。

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 4/30 21:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます