【天皇賞・春2021 予想】「これは間違いない、当たったな(笑)」 TBS高野貴裕アナ&TAROの買いたい馬が一致!

拡大画像を見る

動画配信サービスParaviで大好評配信中の競馬予想番組『競馬予想 丸のりパラビ!season2』。コラボ企画として、出演陣から高野アナとTARO氏が登場。混戦模様の天皇賞・春を、2人はどのように分析するのか?(取材・構成=緒方きしん)

高野アナ:今週末は天皇賞・春。難しいメンバーが揃いました。

TARO氏:最近は毎年のようにフィエールマンやキタサンブラックといった強豪が参戦していましたが、今年はそれほどでもないですね。まさに混戦模様です。

高野アナ:京都競馬場の改修による影響にも注目ですよね! 阪神競馬場の芝3200mは超レアなコースだし、3ヶ月連続開催の最終週だから馬場状態も気になるところ。今年は脚質がポイントになるんじゃないでしょうか? 先行馬がそのまま勝つというのもありそうです。

TARO氏:おっしゃる通りです。そもそも天皇賞・春自体、結構そういうパターンが見られます。ビートブラックとかカレンミロティックとか。

高野アナ:今年はその傾向が顕著になるかもしれませんね。それでは、各馬を評価していきましょう。実は私には『心に決めた馬』がいるのですが……まずは人気馬から。ルメール騎手とコンビを組むアリストテレスはいかがでしょう。

TARO氏:前走の敗因は馬場に尽きるかもしれませんが、菊花賞で予想した際にも触れたのですが、この馬は急坂より平坦の方が良いタイプで、阪神開催はやや不安です。ただ、ルメール騎手は長距離での信頼度が高い。いつもの“結局はルメール”パターンはあり得るので、押さえは必要でしょう。

高野アナ:この馬は、気性面にちょっと不安がある印象もありますね。ディープボンドはいかがでしょうか? 長距離の経験値はありますし、前走は展開が向いたとはいえ強い勝ち方でした。

TARO氏:中山金杯では追走するのに精一杯だったところを見ても、長距離戦のペースが良いのでしょう。タフな条件に強い和田騎手が鞍上なのも心強いですね。ですが、キズナ産駒ってトライアルで強いけど、本番に弱い面があるので……。そもそも阪神大賞典はレベルが高くなかったと思います。それなら日経賞組のワールドプレミアですね。福永騎手は長距離戦で脚を溜めるのが上手く、天皇賞・春ではエリモエクスパイア(11番人気2着)を好走させていますし、菊花賞でもサトノルークス(8番人気2着)、レインボーライン(9番人気2着)といった実績もあります。人気上位3頭の中ではこの馬が狙いかな。

高野アナ:なるほど。……さて、そろそろ私の本命を発表しましょう! ウインマリリンです! 牝馬はここ10年を振り返っても馬券になっていませんし、日経賞は横山武騎手がうまく乗ったのは間違いないですが、それで人気にならないならオイシイです。斤量は56ですし、先行馬がくるだろうという私の読みにも合致します。

TARO氏:実は僕も1番買いたいのはこの馬なんですよね(笑)。前走は馬場的にどうかと思っていましたが、しっかり勝ち切ったあたり、本当に力つけているんだと実感しました。成長力のあるスクリーンヒーロー産駒ですからね。立ち回りも上手いので距離もこなせるでしょう。

高野アナ:なんと、まさかの本命一致! これは間違いない、当たったな……(笑)。

TARO氏:牝馬実績については、単に有力な牝馬が出てきてなかっただけだと思います。時代が変わる瞬間を見たいです!

番組ホームページ

天皇賞・春予想特集を公開中!

長距離得意の予想家がレクチャー

関連リンク

  • 4/30 19:30
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます