2度目はない!浮気を許すときに“覚悟すべき”こと

拡大画像を見る

 もし、彼氏が浮気したらあなたはどうしますか?

 即別れるという人もいれば、1回くらいは許してあげるかもしれないという人もいるでしょう。もしあなたが後者なら、許す前にしっかり考えておくべきことがあります。泣き寝入りしないためにも、浮気を許そうとしたら“覚悟すべきこと”を3つ紹介していきましょう。

■2回目は絶対に別れる

 1回だけの浮気であれば、「そんな風に心が揺れることもあるよね」と許すのもありかもしれません。ですが、2回浮気をされたのなら3回目もきっとあります。1回目の浮気を許すと決めたのなら、2回目の浮気が発覚したら「即別れる!」と決心しておきましょう。でないと、何度も何度も悲しい思いをするだけですよ。

■反省は嘘かもしれない

 残念な話ですが、人によっては泣きながら反省の言葉を吐きつつ、心の中では全く反省していないということもあります。それを見破ることは難しいので、本当に改心したのかは浮気後の態度を見守るしかありません。反省の言葉をそのまま鵜呑みにするのではなく、しばらくは様子見をする必要があると覚悟しておきましょう。

■自分が疑心暗鬼になる

 彼氏から浮気をされて許すと決めたものの、何かあるごとに疑心暗鬼になったり、怒りの感情がぶり返したりすることは十分にあり得ます。一度大好きな人から裏切られたのだから、その気持ちは仕方ありません。ただし、自分がそんな風になると分かっていないと、その気持ちに振り回されてしまいます。許すと決めた時点で「今後、自分の気持ちが不安定になるかも」という覚悟はしておいてください。

 浮気を許せるのってすごいことです。とはいえ、許したからきれいさっぱり忘れましょうとはいかないのが現実。許すためには相当の覚悟が必要です。その覚悟をしても「やはり付き合い続けたい」と思える相手かどうかの見極めは、しっかり行ってくださいね。

大山奏(おおやまかなで) 大学で心理学を専攻し心理カウンセリングを学ぶ。心理学を恋愛やライフスタイルに応用して楽しむ方法をいつも考えている。アロマテラピスト、カラーセラピスト、整体師でもある。多くの媒体で恋愛コラム、ハウツーを執筆中。

関連リンク

  • 4/30 18:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます