「ここは第2の故郷」…チェルシーDFは契約延長に前向き「常に僕の居場所」

拡大画像を見る

 チェルシーのデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンが契約延長に前向きな姿勢を見せている。クラブ公式サイトが伝えている。

 クリステンセンは1996年生まれの25歳。注目株だった同選手は2012年にブレンビーのユースからチェルシーユースに移籍し2014年にトップチームでプロ初出場。2015年から2017年にかけてボルシア・メンヒェングラートバッハ(BMG)で武者修行を行い復帰後は出場時間を徐々に伸ばし、配球センスと一時は自身を失っていた潰しを武器に今季は途中から就任したトーマス・トゥヘル監督の信頼を勝ち取り先発に名を連ねる回数を増やしている。

 過去、移籍志願報道が出た際には自ら否定していたクリステンセンはクラブのインタビューでチェルシー愛を明言。「ここにきてもう長い。9年、10年になるからね」と語り「(チェルシーに来るという)決断は疑ったことはないよ。長期的な視点で見ている。監督の交代やそれによる難しさも受け入れている」とコメント。「レンタル移籍後からの復帰後の出場数はまちまちだったけど今はプレー出来て良い時間を過ごし、自信もついてきている」と現状について言及した。

 さらに「話はまだない」としながらも2022年で終わる契約の延長について言及。前向きな姿勢を見せている。

「(契約延長の)話はまだない。でもさっき言った通り僕はここで長い。ここは第二の故郷だよ。デンマークはいつも僕のホームだけど、チェルシーも常に僕の居場所だ」

関連リンク

  • 4/30 16:18
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます