内田理央、20代最後のグラビアで美ボディ大放出!“疑似パイショット”にファン騒然

拡大画像を見る

 女優の内田理央(29)が30日までにインスタグラムを更新。セクシーなグラビアカットを連投し、反響を呼んでいる。

 この日、内田は20代最後のグラビアで5年ぶり5冊目となる写真集が6月23日に発売されることを告知。「性別関係なくキュンとする最強のガールフレンドを目指したよ 中身は結構ドキッとするカット満載 楽しみにしててね!」とファンに呼びかけ、笑顔はじける水着ショットや美ヒップをのぞかせた刺激的なショットを公開した。

 続く投稿では「トリックアート?」とコメントし、ミニ丈のニットの胸元から両ひじをのぞかせて、まるで胸が露出しているように見えるショットも投稿した。

 内田のきわどいトリックアート写真に、ファンからは「だまされました」「やばっ」「一瞬ビビった」「腰抜かして損した」「まいりました」「合法的に胸元凝視できて最高です」「まんまと二度見した」「うわ~やられた笑 足がめちゃキレイ」「びっくりでドキドキしました」「拡大して確認しちゃいました」「一瞬ホンマに下半分くらい出てると思った」「妄想が膨らみます」「ここまで見せちゃうとは……(笑)」「脚がたまりませんね」「大胆ww」とさまざまな反響が寄せられている。また、モデルの益若つばさ(35)も「ひっかかりました」とコメントしている。

 多くのファンが驚いたであろう、おちゃめでセクシーなトリックアート。写真集の仕上がりも楽しみだ。

※画像は内田理央のインスタグラムアカウント『@rio_uchida』より

関連リンク

  • 4/30 12:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます