櫻井翔驚愕!「夏目三久と結婚」有吉弘行、年間「2億円貯金」ドケチ生活!!

拡大画像を見る

 4月29日放送の『櫻井・有吉THE夜会』に、同月25日から始まったドラマ『ドラゴン桜』(いずれもTBS系)に出演している加藤清史郎(19)がゲストで登場。加藤は、出演者の月の生活費を知りたいと質問を投げ、それぞれが「食費」「交通費」「月に自由に使えるお金(フリー)」を明かした。

「まず、平成ノブシコブシの吉村崇(40)が食費・10万円、交通費・3万円、フリー・100万円。みちょぱ(22)が食費・8万円、交通費・0円、フリー・15万円。嵐の櫻井翔(39)が食費・10万円、交通費・0円、フリー・30万円とそれぞれボードを使って生活費を明かしていきました。

 そんな中、食費とフリーの金額が最も少なかったのが、4月2日にフリーアナウンサーの夏目三久(36)との結婚を発表した有吉弘行(46)です。有吉は、食費・3万円、交通費7500円、フリー6万円と回答。

 彼は、食費について、“仕事のとき弁当あるしさ、1日1000円くらいのもの食って”とし、交通費は、“俺結構歩くし、自分の車だし、電車とタクシー乗るって言ってもこれくらい”、フリーのお金については、“今のコロナ禍だとほとんど何も買わないから”と回答した金額の中身を説明していました」(テレビ誌ライター)

■櫻井も驚く出費額の少なさ

 櫻井は有吉のフリーで使えるお金を見て、「6万でやれます?」と驚く声を上げていたのだが、

「有吉は、『夜会』だけでなく『有吉の壁』、『有吉ゼミ』(いずれも日本テレビ系)などレギュラー番組を13本も抱える超売れっ子。4月8発売の『週刊文春』(文藝春秋)によると、有吉の年収は5億円を優に超えているといいます。番組での発言を元に考えれば、有吉の月の支出は9万7500円。単純計算すると年間で117万円です。一般のサラリーマンと比べても少ないくらいですよね」(夕刊紙記者)

 番組ではみちょぱが、「金貯まりまくってんじゃないですか」と話すと、有吉が「いや貯まりまくらない。税金で持っていかれるよ」と語る場面もあった。

「有吉の言うように多額の税金で引かれるのですが、報道にあった年収5億円では、社会保険料や所属税、住民税など合わせて60%弱が持っていかれてしまうそう。ですので、手取りは2億2000万円を少し下回るほどになるのではないかと予想されます」(前同)

■すでに貯金額は驚異の領域へ!?

 前出の夕刊紙記者は続ける。

「残る金額は大分減ってしまうとはいえ、有吉は年間の出費が117万円ということを考えると、優に2億円を超える金額が手元に残り、貯金に回せる計算になります。

 有吉は、食費に関しては番組で話したように、テレビ局で支給される弁当を使って上手く浮かせているようですし、交通費も『ドラクエウォーク』にハマっていると自身が話していたように、歩き好きでそれほどかからない。フリーで使うお金もコロナ禍で買い物も減っているとはしたものの、超多忙で、かつ派手な生活を送っているとは思えない有吉が散財していたということはないでしょう。約10年前の再ブレイク時から、相当な額を貯金に回しているのではないでしょうか」

 有吉は、2011年12月にメディアの調査・分析を行うニホンモニターが発表した『2011年テレビ番組出演本数ランキング』で、出演総本数499本との結果を残して1位に輝いた。

「10年前から、有吉がずっと同じペースで貯金をしているとすれば、すでに総貯金額は20億円に達している可能性もあります。テレビで見ない日がないほど大活躍中の有吉は、現在進行形で稼ぎまくっていますし、今後は、30億、40億ともっと貯金は増えていくのではないでしょうか」(前同)

 今秋での芸能界からの引退を発表している新妻・夏目も、夫にこれほど莫大な貯金があれば、安心して身を引ける!?

関連リンク

  • 4/30 11:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます