彼から「名前」で呼ばれたいっ!どうやってお願いすべき...?♡

拡大画像を見る


彼との付き合いはそれなりに長いのに、なぜか今でも「〇〇さん」と苗字で他人行儀に呼ばれていたり、「〇〇」と苗字呼び捨てで友達のように呼ばれていると悩んでいる人はいないでしょうか。
女性としては付き合って長くなってくると名前で呼ばれて一気に恋人気分を味わいたいと考える人も少なくはありませんが、実は男性の中には呼び方にはそれほど頓着せず、気にしてすらいないという人も少なくはありません。
では、そんな気にしていない男性に名前で呼んでもらうよう、お願いする時はどうすれば良いでしょうか。彼に呼び方を変えてもらうためのおねだり方法を考えてみましょう。


「名前で呼んでみて!」と言う

女性としては言わなくても自分で察して名前呼びをしてほしいと感じる人も多いですが、残念ながら呼び方にこだわりがない男性にとっては難しいものです。
しかも、普段から鈍くて彼女の気持ちを察することが苦手なタイプの男性なら、なおさら自分から察することは難しいでしょう。そんな彼には、恥ずかしくてもストレートに「名前で呼んでみて!」とお願いしてみましょう。
あまりムードのない方法ではありますが、この方法なら彼にすぐに察してもらうことができるため、恥ずかしさを捨てることができればストレスも溜まりません。すぐに変えてもらいたい時に一番おすすめなのが、この方法です。


察してもらう

彼が普段から察しの良いタイプであれば、察してもらうこともできるかもしれません。あまり自分から明言したくないという人は、彼に察してもらえるように努力してみましょう。
「苗字で呼んでるカップルって、なんかよそよそしいよね」と他人事のように言うのも良いですし、少女漫画などで呼び方を変えようと頑張っている描写を見せて「こういうの可愛いね」と話すのも良いでしょう。
ただし、察してもらう方法は彼が察することはできても「はっきり言ってほしい」という性格の場合、少しもめごとになる恐れもあります。普段の彼の言動から、有効かどうか考えてみてください。


将来の話に絡めて提案する

将来的に、結婚すると苗字で呼び合う人はほとんどいません。そのため、付き合いが長くてお互いに結婚を意識しているのであれば、将来の話も含めて聞いてみてはいかがでしょうか。
「挨拶の時には、苗字じゃなくて名前+さん付けだよね?」などと話を振ってみて「その時に困らないように、そろそろ名前呼びにしていかない?」などと提案すれば不自然な流れにはなりません。
彼自身も名前で呼ぶことを恥ずかしく思っている可能性もあるので、呼び方を変える口実を作ってあげるのもおすすめです。


彼からの呼び名を変えたい時は分かりやすく伝えよう!

「彼から名前で呼ばれたい」というのは決して珍しくない希望ですが、実際は「彼の行動を変えたい」ということですので難易度は高くなります。
そんな時には、あまり回りくどいことはせず彼に分かりやすく伝えるのがおすすめです。回りくどく伝えようとしても、彼に伝わらずにイライラしてしまうこともあるでしょう。
普段の彼の察しの良さや性格を考えながら、彼に一番合いそうな方法を選択して、彼から名前で呼んでもらってくださいね。
(土井春香/ライター)(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 4/30 11:45
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます