嵐・二宮和也もドン引き!カトパン似・餅田コシヒカリ「便座並み」不潔なヘソ

拡大画像を見る

 4月25日放送の『ニノさん』(日本テレビ系)で、駆け抜けて軽トラの餅田コシヒカリのヤバい事実が発覚し、MCの二宮和也(37)やゲストの伊藤淳史(37)をドン引きさせた。今回、番組では主婦の家事の悩みを聞いた「主婦が気になる家のあれこれダービー」という企画が行われたが、その舞台となったのが餅田の部屋だった。

 餅田はフリーの加藤綾子アナウンサー(36)のモノマネでブレイク、その後、豊満すぎるボディと掃除ができない汚部屋ぶりが話題になり、バラエティ番組でもたびたび尋常ではない部屋の様子を取り上げられている。今回VTRで紹介された部屋も、入るなり空のペットボトルやゴミが散乱しており、スタジオで見守っていた二宮たちは「うわぁ」と顔をしかめた。

 餅田は、住み始めて7年間になる部屋を「自分では1度も掃除したことがない」といい、たまに実家の仙台から来た親が掃除をする程度だと告白。企画では、一般の主婦が「掃除するのが面倒で嫌いな場所」などを聞き込み調査し、お掃除アドバイザーが主婦の挙げた箇所を餅田の家で見ていった。

 アドバイザーは、汚さを数値化できる計測器を使って餅田の家で一番汚い場所も調査。汚れの目安として、一般家庭のTVのリモコンはの汚れは「2798」、キッチンのシンクは「4408」という数字が紹介された。この機器で餅田の家のトイレの便座、ドアノブ、スマホの汚さを数値化していくことになったが、ためしに餅田の手のひらを計測してみると、「2万7338」という驚きの数字が出て、二宮は「スーパーサイヤ人じゃないか」と苦笑い。アドバイザーによれば、これはエレベーターのボタンよりも汚いという。

 さらに餅田がどうしても測ってほしい部分があるとスタッフにリクエストしたのが、自分のヘソ。そんな餅田の様子を見ていたきれい好きなSexy Zoneの菊池風磨(26)は「怖い、怖い、怖い」と戦慄。そして出た数字は、驚異の「16万0340」で、スタジオでは悲鳴が上がった。餅田本人も「桁がちょっと……やばくないっすか!?」と驚いていたが、アドバイザーもこれまでのリストにない数字で、比べられるものがないと戸惑い気味。餅田は「嘘でしょ!?」と慌てていたが、二宮は「最長老様だ」と爆笑していた。

■「マジか」さすがの餅田もショック

 その後、餅田の家の調査で一番汚なかったのはトイレの便座で、数値は「18万1245」だった。これにはさすがの餅田も「だいぶ汚いですね」とショックを受け、「私のヘソが便座(並み)ってことですよね。マジかよ……」とうなだれていた。

 この汚れぶりに、「餅田コシヒカリの家が死ぬほど汚くて半泣きで見てる」「だいぶ汚い部屋だけど、これでも前に見たときよりはキレイになってるね」「餅田コシヒカリ結構かわいいけど、部屋でアウトだな」「ヘソはあかんよ。鳥肌立ったわ」「ヘソが便座……」など、視聴者もドン引きだった。

 餅田の他にも、過去には渡辺直美(33)、貫地谷しほり(35)、安田美沙子(39)、峯岸みなみ(28)、菊地亜美(30)なども、かつてお部屋女子であることをバラエティで告白していたが、餅田の部屋は、ひどいときには足の踏み場もないほどのゴミ屋敷として有名だった。昨年4月に『有吉ゼミ』(日本テレビ系)の企画でCreepy NutsのDJ松永(30)ら潔癖芸能人たちが大掃除。DJ松永は、そのときの部屋の状態について、「人生で初めて、ゴミ屋敷に行った」「本当に7年の蓄積を感じるような本物の汚さ」だったと明かしていた。

 その大掃除から1年あまりで、再び汚部屋化した餅田の部屋。せめてヘソと便座だけでも健康のために掃除してほしい!

関連リンク

  • 4/30 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます