華原朋美の“加害記者”X氏のカメラから「トンでもない画像データ」発見か?ありえない「長期拘束」も…

拡大画像を見る


 歌手・華原朋美の暴行トラブルが奇妙な展開を見せている。事件が起きたのは今月16日午前。タクシー乗車中、あとを追ってきたタクシーに気付き停車。中にいた男性に事情を聞いた際、手をつかまれるなどしたという。男性X氏は大手出版「光文社」の週刊誌Fでライターを務める男性記者だった。華原はすぐに110番通報し、駆け付けた警察官に身振り手振りを交えて“被害”を主張。X氏は暴行の疑いで現行犯逮捕された。

 怒り心頭の華原は18日にツイッターを更新し「関係者の皆様 応援してくれるファンの皆様 この度の報道でご心配をおかけしまして申し訳ありません」と切り出し「実は3週間前から今回逮捕された犯人が私と息子をストーカーしてる事に恐怖を感じてました。息子に何かあったら取り返しのつかない事になるので勇気を持って私から犯人を捕まえ110番しました」と告白。つかまれた左腕については「しびれが止まりません」とし「全身を使って犯人を捕まえたので相当の体力を使ったと思います。熱も出てしまい病院に行きました」などと訴えた。

 ところがその2日後に当該ツイートは全削除。関係者によれば「X氏は華原と初対面で、華原のネタを追っていただけだった。事件の数日前に華原はファンから執拗に写真撮影や握手などをせがまれ、恐怖を感じていた。その時の出来事と混同し『ストーカーに遭っている』という主張をしたものと思われる。ツイートを削除したのは、一方的かつ思い込みが強いため、周囲が説得して消させたそうです」という。

 男性のタクシーに乗り込んだ華原はX氏の持つスマホを奪おうと強襲。抵抗したX氏が彼女の腕を振り払おうとしたところ暴行と主張されたらしい。ともにケガはなく、華原の言い分にも勘違いがあったことから、事件はあっさり幕引きかと思われたが…。

「実はX氏が釈放されたのは、23日夜。逮捕から1週間も経過していた。通常この手の事件は長くても3日でパイ(釈放)。業界関係者も『おかしい』と首を傾げていた」(出版関係者)

 警察の調べにX氏が身分をなかなか明かさなかったことが関係しているとも言われるが、一般紙社会部記者は「X氏の供述やカメラの画像データからとんでもないモノが出てきたとウワサになっている。それが華原に関することなのかは不明ですが…」と話す。

 華原をめぐっては、2019年8月に出産した男児の父親について、様ざまな臆測が飛び交っている。先日出演したバラエティー番組では、開口一番「世の中、金っすよ~」と言い放ち、それなりのセレブ生活ぶりをアピールしていた。

「華原さんのユーチューブ収入はたかが知れている。小室哲哉さんと組み一世を風靡したころの貯蓄はとっくに尽きている。それなのに都心にタワマンを購入できるのは不自然。マスコミの中には華原の錬金術や金主の存在を調べている社もあった」(ワイドショー関係者)

 華原から通報があったのが、16日午前10時すぎというのも気になる。

 前出関係者に言わせれば「マスコミの動き出しとしては(時間が)早すぎる。これはもうX氏が“ネタあり”で張り込んでいたことにほかならない。華原が朝まで会っていた相手は誰なのか? おそらく華原が激しく抵抗したのは、その辺りの事情が絡んでいるのでは?」という。

 またも“お騒がせ”の華原。F社は掴んだネタを“放出”すべきか慎重に議論しているとのことだ。

  • 4/29 8:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます