浜辺美波「選ばれた子たち」上白石萌音・萌歌姉妹へのコンプレックス!

拡大画像を見る

 女優の浜辺美波(20)が4月25日放送の『日曜日の初耳学』(TBS系)に出演。デビュー当時から抱えていたコンプレックスについて明かしていた。

 浜辺が登場したのは、MCを務める予備校講師の林修先生(55)が、時代のカリスマと1対1で対峙する“インタビュアー林修”コーナー。林先生は授業で「浜辺美波がいかに素晴らしいか」を語ってしまうほど、熱烈な浜辺ファンだという。

 浜辺は小学4年生のとき、「第7回東宝シンデレラオーディション」で“ニュージェネレーション賞”を受賞。同賞はこの回しか出ておらず、浜辺は「保険をかけた賞。ちゃんとやらないと、すぐに新しい代が出てきて用無しになる」と、プレッシャーを感じていたと振り返った。

 このときのグランプリが上白石姉妹の妹・上白石萌歌(21)で、審査員特別賞が姉・上白石萌音(23)。浜辺はグランプリについて、「選ばれた子たちって、感受性が豊かだったり、スタイルが良かったり、自分にないものをみんな持っていた」と語った。

 さらに、浜辺は「自分は身長が低かったし、歌やダンスがうまかったわけでもなくて。どんだけレッスンしても追いつけないことが多くて、劣等感しか味わわなくて。レッスンを受けて、泣いて。帰りの電車でマネージャーさんに泣いたことを怒られて、みたいな」と告白した。

■演技ができない壁

 浜辺はオーディションの同年、映画『アリと恋文』で女優デビュー。その後も順風満帆に見えるが、中学生になると劣等感が強まったそうで、「口で精いっぱいセリフを言うけど、耳で聞いて、“へただな”って分かる」と、苦笑いを浮かべて説明。

 そして、「感情を表情にあらわすってことができなかったですね。セリフ言うので精いっぱいって感じでした」と続け、“演技ができない”という大きな壁にぶつかってしまったと、過去の苦悩を振り返った。

 そのため、オーディションに100回近く落ち続けたそうで、浜辺が「最終的に受かったの、1個2個だと思います」と明かすと、驚いた林先生は「結果が出なかった状況、今、分析するとなにが原因だったって思いますか?」と質問した。

 浜辺は“ある種の優等生コンプレックス”だとし、「目立ちたくない」「1番いい子にしておく」という思いで、落ち着いて静かにしていたため、オーディションで印象に残らなかったと自己分析した。

■きっかけは映画監督の指導

 また、林先生がターニングポイントになった作品を問うと、浜辺は18年公開の主演映画『賭ケグルイ』を挙げ、ふだんはおとなしいが、ギャンブルになるとぶっ飛びまくる主人公を演じて、「自分は飛べるんだ」と気づき、心の殻を破ることができたと振り返った。

「浜辺は『賭ケグルイ』の番宣インタビューで、同作の撮影現場について、俳優の自主性を面白がってくれる監督のもと、俳優たちの自由演技合戦が繰り広げられていて、“何をやっても大丈夫”という安心感がスゴく心強かったと振り返っています。

 この経験で浜辺は大きく変わったようで、苦手だった“楽しい”を表情に出せるように。その後の撮影現場で“明るくなったね”と言われることが増え、しっかりコミュニケーションを取ることで、共演者への遠慮もなくなったと明かしています」(芸能ライター)

 不器用であることを幼少期から自覚しているからこそ、浜辺は人の何倍も努力することを忘れず、女優としてレベルアップを続けているのだろう。次の主演映画『賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』(4月23日の4都府県への緊急事態宣言発令により公開延期)も楽しみだ。

関連リンク

  • 4/30 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます