こんなに使えるって知ってた?ティーバッグの再活用術3つ

こんにちは。家事コツ研究員のAです。

お湯を注ぐだけで簡単に紅茶が飲める、ティータイムの便利な味方「ティーバッグ」。
1回使ったらお役ごめんですぐに捨てている人も多いのではないでしょうか。

ちなみに私は、色が出る限りは3~4回紅茶を淹れて飲んでしまいます……。だって紅茶1杯飲んで捨てるなんてもったいないじゃないですか!

というわけで以前からティーバッグを「紅茶を淹れた後、何かに使えないかな」と思っていたんです。
再利用法を調べてみたところ、さまざまな使い道があるよう。

そこで今回は、手軽にできそうな再利用法を3つ実際に試してみましたよ。果たして結果は…!?

再利用方法①靴の脱臭

スニーカーやブーツのいやなニオイを消すためには、消臭剤や芳香剤を多用することが多いですよね。そんな時にもティーバッグが活躍してくれるそう。

方法は簡単! ティーバッグを乾燥させたら、そのまま靴の中に入れるだけ。布や袋の中に入れてもOKです。

実際に履き慣れたスニーカーの中に乾燥したティーバッグを1つ片方のスニーカーに入れ、数日置いてみました。
数日後、双方の匂いを嗅いでみると、ティーバッグを入れていない方のスニーカーは汗とスニーカー特有のゴムの匂いが混ざったような、靴の臭いが……。

しかし、ティーバッグを入れていた方のスニーカーは、汗の嫌な臭いがなくなっている! 
ゴムの匂いは完全には消えていないものの、だいぶ薄くなっていました。

紅茶やコーヒーはアンモニア臭の消臭に効果を発揮するそうなので、汗の消臭効果はかなり期待できますよ。

靴箱の中にポンと置いてみると、靴箱を開けた時の靴の臭いが日を追うごとに消えていきました!
私はズボラなので乾燥したティーバッグをそのまま使っていますが、見た目が気になる場合は、フタを取り外したガラス瓶に入れたり薄い布にくるんだりしてもいいですね。

これからの暖かい季節は、靴箱だけでなくゴミ箱に忍ばせて嫌な臭いを取るのもおすすめです。

再利用方法②アクセサリーなど金属類のワックスがけ

「ティーバッグの出がらしは、革靴や金属類のワックスがけにも使える」という情報を目にしたので、何年も使っているイヤリングで試してみました。
もとはキレイなシルバーですが、くすんで白っぽくなってしまっています。

ティーバッグの出がらしをキッチンペーパーなどに包み、片方のイヤリングをゴシゴシと磨いてみました。果たして……!

左が磨いた方で右が磨いていない方です。ん~、あまり大きな効果は見られません。

試しにティーバッグの出がらしとお湯を入れた器に、イヤリングを入れて一晩つけ置きしてみました。
ついでに黒ズミが気になる指輪も一緒に実験。つけ置きが終わった翌日に、再びキッチンペーパーでティーバッグの出がらしをゴシゴシと磨いてみます。

同じく左が磨いた方で右が磨いていない方です。多少はツヤが出た気がします! 
しかし、一晩つけ置きしてゴシゴシ磨いてという労力の割には、効果は小さかったです。

ちなみに指輪も、そこまで劇的にキレイになったわけではありませんでした。
新品のようにピカピカにしたい人にはおすすめできませんが、自然由来の成分でエコにワックスがけをしたい方はいろいろと試してみてはいかがでしょうか。

再利用方法③煮豚を作るとき一緒に煮る

料理好きな方は、ティーバッグの出がらしをさまざまな料理に使ってみるのもおすすめです。
クッキーやパンなどに混ぜ込む方法はよく見ますが、我が家の大好物・煮豚にも使えるという情報が!

ティーバッグを入れることで肉の臭みがなくなるのだそう。さっそく試してみましたよ。

鍋に煮豚用のかたまり肉と水、お酒、醤油、砂糖を入れ、ティーバッグの出がらしも入れます。あとは、肉に火が通るまで煮るだけ。ちなみにAは、途中上下を返しながら1時間弱コトコトと煮ました。

ティーバッグの紐の部分は鍋の外に出しておきますが、ガス火が燃え移るのが心配な方は最初から紐の部分は切ってしまってもいいかもしれません。

保存容器にタレごと入れ、一晩漬けたら出来上がりです。一口食べてみると生姜やネギを入れていないのに、豚の臭みが消えていてビックリ! 
臭みがなくなった分、豚肉の甘みと旨みが引き出されていました。

また、ティーバッグの出がらしを1つだけ入れたためか紅茶の香りはほんのりする程度。もっと紅茶のいい香りを楽しみたい人は、ティーバッグの出がらしの数を増やしてみてもいいかも!

ティーバッグの出がらしを再活用すれば家事も楽しい

飲み終わったティーバッグをそのままゴミ箱に捨ててしまうより、さまざまな用途に再活用することで家事も楽しくなる気がしました。

特に靴の消臭と豚の紅茶煮は、何度でもやりたくなる! 

みなさんもティーバッグを捨ててしまう前に、今回ご紹介した再利用方法を試してみてはいかがですか?

撮影・文/AKI

関連リンク

  • 4/27 7:30
  • 暮らしニスタ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます