料理本も出版しているロバート馬場裕之が提案! 韓国風『悪魔のおにぎり』とは…

拡大画像を見る

4月も半ばを過ぎ、めっきり春めいてきました。

『おうち時間』が続いていますが、たまには気分転換に公園でピクニックを楽しんでみては、いかがでしょうか。

といっても、お弁当を作るのは大変なので、簡単に作れる『おにぎり』がオススメ。

※写真はイメージ

2021年3月19日付のYouTubeチャンネル『馬場ごはん〈ロバート〉Baba's Kitchen』では、そんな公園でのピクニック・ランチにピッタリな『悪魔のおにぎり』の作り方の動画が配信中です。

今回、馬場さんが紹介しているのは、韓国風『チュモッパ』のアレンジレシピ。『チュモッパ』とは韓国語で、『おにぎり』のことです。

『チュモク』が拳(こぶし)、『パプ』がご飯という意味で、『チュモクパプ』の発音がつまって『チュモッパ』と呼ばれています。

日本の『おにぎり』とは違って、『チュモッパ』はボールのような丸い形が特徴。

馬場さんのアレンジでは、そんな『チュモッパ』が、たったの10分で作れるそうです。

早速、動画をご覧ください。

ちなみに、『悪魔のおにぎり』という名称の由来をご存知でしょうか。

実は、南極地域調査隊が現地で食材をムダなく食べ切るため、天ぷらうどんを作った残りの『天かす』を使っておにぎりを作ったことが、この名称のルーツ。

隊員達の間で、そのおにぎりは美味しいと評判だったようですが、「カロリーが高くて悪魔みたいですね」と指摘され、このように命名されたそうです。

昨今では、『悪魔的に美味しい』という意味でも使われるようになり、コンビニでも販売されています。

馬場さんは『天かす』を使っていないので、『悪魔的に美味しい』という意味で使っているようですが、この動画のアレンジは食感も配慮され、春にピッタリのカラフルさで本当に美味しそうです。

ポイントは『ごま油』だそうですので、カロリーが気になる人は、食後に運動した方がいいかも…。

[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

出典 【悪魔のおにぎり】チュモッパ〈火を使わない10分レシピ♪〉

関連リンク

  • 4/30 4:30
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます