菅田将暉「親友・仲野太賀」と「恋人・二階堂ふみ」異常な三角関係!

拡大画像を見る

 菅田将暉(28)が主演を務める、新ドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系、土曜午後10時)が4月17日よりスタート。共演に、菅田と同じく仲野太賀(28)、有村架純(28)、神木隆之介(27)といった93年生まれの同世代俳優が集結し、注目を集めている。

 脚本を手掛けるのは、2019年に放送された生田斗真(36)主演の連続ドラマ『俺の話は長い』(日本テレビ系)の金子茂樹氏。理想としていた“大人の自分”とはかけ離れた人生を歩む20代後半の若者たちが、予想もしなかった幸せと巡り合っていく、笑いあり涙ありの青春群像劇だ。

 実は同作は意外にも、菅田と仲野の連続ドラマ初共演作。

“親友”としても知られる2人が仲良くなったきっかけは、2012年放送のスペシャルドラマ『ブラックボード~時代と戦った教師たち~』(TBS系)。衣装に着替える際、菅田が「それどこの服?」と声をかけ、古着の話で意気投合したそう。「同い年で誕生日も近く、馬が合った」と仲野は当時を振り返っている。

 菅田の俳優生活10周年を記念したアニバーサリーブック『誰かと作った何かをきっかけに創ったモノを見ていた者が繕った何かはいつの日か愛するものが造った何かのようだった。』(ワニブックス)には、対談相手兼カメラマンとして、仲野が登場。

ハ ワイでの撮影に菅田は「修学旅行みたいだった」とコメント。さらに、二人の関係を「DNAのようだ」と形容し、DNAのらせん構造になぞらえ、交わるときは交わるが、会わないときは全く会わないとして、その独特な関係性を明かした。

■仲野太賀は、恋のキューピッド⁉

 恋多き男でもある菅田。過去には、女優・二階堂ふみ(26)と“男女の仲”を騒がれたこともあった。これについては「友達と仲良くして何が悪い」と恋仲説を一蹴する菅田だが、二人を結ぶきっかけをつくったのは、なんと仲野だったという。

 前出のアニバーサリーブックで二人は、

二階堂〈(共通の友人である仲野に)“菅田君と話したいんだけど、話せない。どうすればいいんだろう?”ってメールで……中略……そしたら、太賀君が気を利かせて〉

菅田〈そう。俺んとこにメールが来た(笑)。“おふみが「全然喋ってくれへん」って言ってる”って。〉

 と発言。仲野が二人の仲を取り持ったことを明かしている。2016年に二人の熱愛が報じられた際、菅田は「その日(写真を撮られた日)が太賀っていう仲のいい役者の誕生日で、カフェ的なところに行った。そのあとはバラバラに帰った」と仲野の名を出して、否定していたのだ。

 では、仲野は二階堂のことをどう思っているのか。

 過去に、ラジオ番組に出演した仲野は“影響を受けた人物”として二階堂をあげたことがある。番組の中で、二階堂に対して「ハングリー精神と繊細さを併せ持っていて、とてもチャーミング」「救われていることも何度もある」と明かし、「異次元の存在感」と評していた。女優としての二階堂に尊敬と感謝の念を抱いているようだ。

 こうしてみると、三角関係ととらえてもおかしくない菅田将暉、仲野太賀、二階堂ふみの仲。3人の間には “親友”や“恋人”の枠を超え、ある種のソウルメイトのような関係が築かれているのかもしれない。

 今回は菅田と仲野の連ドラ初共演だが、二階堂も交えた3人の共演を願う声も多い。

「ドラマはもちろんですが、仲野は映画の主題歌を歌うなど、音楽面での活動も今後注目されています。菅田は大ヒット曲を連発するなどアーティストとしての評価も高く、19年の紅白に出場。二階堂も圧倒的な歌唱力で知られ、20年の紅白には紅組司会ながら企画で『アラジン』の主題歌を歌いあげて絶賛されていました。いつか、紅白という大舞台で3人がそろい踏みする日も来るかもしれませんね」(女性誌記者)

 恋愛を超えた3人の関係に、今後も注目したい。

関連リンク

  • 4/30 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます