松坂桃李&井浦新“高身長同士のラブ”に麻生久美子「カワイイ」『あのときキスしておけば』鼎談

拡大画像を見る

松坂桃李さんが主演を務める金曜ナイトドラマ『あのときキスしておけば』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~※一部地域除く)が4月30日にスタートします。

本作は、恋愛ドラマの名手・大石静さんのオリジナル脚本。漫画好きのスーパーの店員・桃地のぞむ(松坂)は壊滅的なポンコツキャラ。ある日、クレーマーに絡まれていたところを女性に助けてもらいます。その相手は偶然にも、彼の大好きな漫画の作者・唯月巴(麻生久美子)。仲を深めていくうちに、2人はいつしか友だち以上恋人未満のような関係へ。

そんなある日、突然彼女が事故で帰らぬ人に! 悲しみにくれる桃地の前に現れたのは見知らぬおっさん・田中マサオ(井浦新)。彼は桃地にこう告げる。「モモチ、私が巴なの」……。

ヒロインの中身が、おじさんに入れ替わってしまう衝撃のラブコメディ。今春のドラマ界を盛り上げること間違いなしの作品です!

今回、ドラマ放送を記念して、松坂さん、井浦さん、麻生さんにインタビューを行いました。

――今回の設定と役どころを聞かれて、どんな感想をお持ちになりましたか?

松坂:笑っちゃいました(笑)。オリジナルなので、1話を読ませていただいたあとに、“最終話どういう着地をするんだろう”って率直な疑問がわきました。ネガティブな想像ではなくて、ポジティブな展開を想起させる感じがして、“さすが大石さん!”と思いました。

麻生:私の魂が新さんの中に入るんですけど、その後の2人のやりとりがおかしくって(笑)。私としては、“どんなふうに演じれば新さんがカワイくなるのかな”って考えながら読んでいましたね。

井浦:本を読んだときに2つ思ったことがあって。みなさんと同じように、“とんでもなく面白いな”っていうのと、もう1つは“これを今から自分たちがやっていくのか”っていうこと。とにかく麻生さんが、こちらにキラーパスを投げてくるんで、そこに徹していられるというか。

麻生:投げっぱなし(笑)。

井浦:いわば、2人(麻生が井浦と松坂を)をもて遊んでいるような状態だから、“いいなぁ~”って(笑)。男子2人はそれを全部受けながら、引き継ぎながらやっていくので、“これは大変だな~”っていう気持ちが襲ってきました。

――麻生さんが演じる巴を、しっかりと観察しなければならないと。

松坂:(インタビュー時)昨日は初日の撮影で、新さんの出番がなかったんですけど、現場に来てくださってすごく観察されていました。

麻生:見られていましたね(笑)。

――3人それぞれの印象を教えてください。

松坂:麻生さんは、以前、大河ドラマで少しご一緒させていただいたんですけど、そのときとは役も距離感も全然違うので(笑)。改めて、新鮮な気持ちで臨めるというか。ご一緒していても楽しかったですし、“平和な現場になりそう”って思いました。新さんとは昨日初めて挨拶をさせていただいたんですけど、第一声で「抱きしめてくれていいいよ」って言ってくださって(笑)。その瞬間に、“あー大丈夫だー!”と、すごく安心しました。今日も、ティザーの撮影でキス顔をすることがあったんですけど、また、その顔がキュートで……。なんて素敵なんだろうって。

麻生:カワイかったねー。

松坂:逆に拒むのが難しくなるくらい可愛らしかったので、今から絡むのが楽しみです。

麻生:松坂さんは、共通の知人がいたので「松坂さんってどんな人?」って聞いたら「すごーく穏やかな人だよ」って返ってきたんですよ。昨日、初めて現場でお話したら、本当にその通りで、仙人みたいな方(笑)。この雰囲気のまんまで、尖った部分がどこにもなさそうな……これ、いい意味で言っています!(笑)。私が見えていない部分があるのかもしれないけど、今回の役がピュアな人なので、松坂さんそのままなのかなって思います。

新さんはたくさん共演させていただいているのでホッとします。すごく物静かそうに見えるけど、内側はいつも燃えている。そういう人な感じがします。

井浦:よく知っていますね。

一同:爆笑

麻生:2人で1人の役を演じるのが初めてなんですけど、新さんの方から「(井浦さんが)巴になったときに、共通の仕草とかで、麻生さんにも見えるようなものを作りたいね」って話をしてくださったので、そこは色々考えてやってみました。そういうアイデアも出される方です。

井浦:麻生さんとのコンビネーションについては、何も心配していないです。昨日、お芝居を見させてもらっていると、自分の知らない顔がたくさんあったので、すごく新鮮でした。

ティザー撮影のときも、普通女優さんと顔の近い距離で目を合わせたら緊張して、息が止まっちゃうんですけど、今日触れ合った人たちの中で、(麻生が)一番ホッとするっていう(笑)。“なんだろうこの安心感”というか。そういう心の距離感は時間と共に培ってこられたから、ちょっと新しいチャレンジになって、すごく楽しみです。

松坂くんについては、作品でしか存じなかったんですけど、勝手な印象として、作品の大きい小さいや役の順番に関係なく、自分の役の責任を果たす役者さんだなって思っていました。

役者の仕事は“演じる”ことなので当たり前なんですけど、救いのないゲスな役を演じたとき、人間なので、どこかで役の中に救いとか光とかを求めてしまいがちなんですが、ゲスの役は徹底してゲスにやりきる。そういう姿勢は同業者としてものすごく共感できるんですよね。だから今回共演して、身も心もグアッと距離が近づくと思うので、(2人で)何ができるのか楽しみです。

――ラブコメディならではの面白さは、どんなところにあると思いますか?

松坂:(井浦と)いろいろ絡むシーンがあるんですけど、僕たち身長が同じくらいなんですよね。同じ背丈だからこその面白さやキュートさを出せればいいなって思いますし、それを見越して大石さんも脚本を書かれていると思います。

井浦:さっき調べたら同じ身長(183cm)だったから、同じ身長の2人が、イチャイチャしあうっていう(笑)。どんな見え方になるんだろう?

松坂:ちょっと想像できないですよね。

井浦:面白いよね。

松坂:今日、僕初めて箱馬に乗ったんですよ。あまり乗ることがないので。ちょっと新鮮でした。

井浦:自分も新鮮でした。相手が箱馬に乗って、“わー。自分よりも大きい男性に抱かれている”みたいな。

麻生:今回、私はあまりコメディ部分を担わないと思うんですけど、見ていて面白いのが、乗り移ってからの新さんが演じる巴。私はそこに面白くなるように全力でパスをするのが使命だと思っています。

井浦:いやいや(笑)。そうとう宿題増やしていましたからね。

麻生:どうやったらカワイイ新さんが見られるかって(笑)。さっきもキス顔の新さんを見て、すっごいカワイイと思ったんですけど、どこかおかしいんですよ。その一歩引いた目線で見られる感じが面白い部分だと思います。

井浦:ラブコメならではの物語が進んでいくと思うんですけど、見て・笑って・感じて・楽しんでいただける作品になっていくのは間違いないと思います。面白いなと思ったのが、その裏に人の死がはらんでいるところ。人の死って楽しむものじゃないのに、巴が魂だけになったときに、ずっと笑っていられるんですよ。それって素晴らしいことだなって。ほかにも、まっすぐなようで、まっすぐじゃないラブが見えてきたりもするので、そこは素直に見ていただいても楽しめるドラマになるんじゃないかなって思います。

――タイトルにちなんで「あのとき〇〇しておけばよかった」と後悔していることはありますか?

松坂:後悔かぁ……。

井浦:人様に言えるヤツがあまりないんですよね。重いというか……。

松坂:ヘビーなんですね(笑)。

麻生:言える範囲で後悔していることはないんですけど(笑)、せっかくこういう職業をしているので、“いろいろ習っておけばよかった”って後悔することはあります。私、ダンスが下手なんですけど、小さいときに習っておけば“もう少し体が動いたのにな”とかならあります。

松坂:確かに。我々の仕事って“職業モノ”があって、楽器を弾いたり、スポーツ選手の役になったりするので、“そういうことをやっておけば活かせたのに!”っていうのはあります。“それさえなければ、作品に集中できて、もっと深いところにいけるのに!”っていう。

井浦:楽器系は特にありますね。仕事に活かさなくても、山に行ったとき、ウクレレ弾ければ、ものすごく豊かな時間が過ごせそう。鳥の声を聴いているだけでも十分なんだけど、“こういうとき、楽器弾けたら本当に良かっただろうな”って思います。

(取材・文:浜瀬将樹)

関連リンク

  • 4/30 7:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます