外食したら必ずやりたい!子供のビジネスセンスを磨く遊び

拡大画像を見る

大人になって社会に出た時のためにも、子供にはビジネスセンスを身に着けてもらいたいと思う、親御さんも多いのではないでしょうか。

でも、そんな小さい頃から、ビジネスセンスを磨くなんて、なんだか難しそうと思いますよね。

実はそんなことはないんです。

『子供にお金のこと、どう教えればいい?』をインスタグラムで発信している、シーナさんが、誰でも簡単にできる、子供のビジネスセンスを磨く遊びを紹介しています。

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。

紹介する遊びは、4桁の足し算ができることが必要です。計算機を使って計算できるのであれば、それでも良いかもしれません。なので、7歳・8歳くらいからできる遊びとなっています。

遊びの名前は、『会計当てゲーム』です。

レストランなどで、お子さんと外食をした際にできる遊びです。

それでは、ルールを説明します。

1.オーダーを決める時、メニューを見ていい制限時間を決める。

2.自分が注文するメニュー以外も、できるだけ多くのメニューの価格を覚える。

3.店員さんに注文をする。この時までお互いの頼むものはいわない。

4.食事を楽しむ。

5.会計の総額を予想する。

最終的に、予想した総額が実際の会計と1番近かった人の勝ちです。

シーナさん曰く、この遊びによって、計算力が向上するのはもちろんですが、ほかにも利点があるようです。

飲食店のメニュー戦略や一世帯あたりの単価が分かるようになり、価格と戦略を見る癖がつくそうです。そのため、消費者心理や小売マーケティングのトレンドにまで思考が及び、ビジネスでとても役に立つのだとか。

こんなに簡単で、家族みんなで楽しめる遊びでビジネスのセンスも磨けるのは、とても嬉しいですね。

外食をした際は、ぜひお子さんと楽しんでみてください。

[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

出典 shiina.3104

関連リンク

  • 4/30 4:30
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます