『恋はDeepに』“倫太郎”綾野剛、“海音”石原さとみにそっと上着を きゅんシーンに「恋してしまう」と反響

 女優の石原さとみと俳優の綾野剛がダブル主演するドラマ『恋はDeepに』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第3話が28日に放送。綾野演じる倫太郎が石原ふんする海音に上着を貸すシーンに「恋してしまう」「もうきゅんきゅんがとまらない」などの声が集まった。

 倫太郎(綾野)と心が通じたと思った矢先、マリンリゾートへのホテル誘致が決まったと聞き海音(石原)は動揺。そんな中、開発予定地である山の一部に、まだ手に入っていない土地があることが発覚する。誰にも土地を渡す気はないという土地所有者の雪乃(堀田真由)の話を聞いて、海音は胸を撫で下ろす。

 それでも山の土地を手に入れようとする会社の方針を見て、海音は山の水質を実地調査し、海を守るために山の自然がいかに大切なのかを倫太郎に説明。倫太郎は海音の話を聞き、それを踏まえた上で考えると答える。しかし翌日、会社では山の土地が手に入ったと盛り上がっていた。雪乃は父が残した借金を抱えていたのだ。

 雪乃の元を訪れた海音は、帰り道に海で倫太郎を見つける。山を買い取った倫太郎の真意を聞くと、海音は倫太郎のことを誤解していたと反省し、謝罪。車を呼ぶので乗せていくという倫太郎に海音はバスを待つと答える。それならばと上着を貸そうとする倫太郎だったが、「大丈夫です」と断られ、そのまま車へ向かう。

 倫太郎が去ると、海音は「寒い…」とベンチに座ってバスを待っていた。するとそこへ倫太郎が戻り「寒いだろ」と後ろからそっと上着を海音の肩にかける。焼き芋を分け合いながらバスを待つ2人。突然海音の手に触れた倫太郎は「なんでこんなに冷たいの?」と質問を投げかけるのだった。

 帰ったと見せかけて、再び海音の元へ戻ってきた倫太郎の優しさに視聴者からは「こんなの惚れない方がおかしい」「恋してしまうやつ…」「もうきゅんきゅんがとまらないです」「帰ったと見せかけてこれはヤバイ!!」「優しすぎる」などの興奮の声が続出。

 また、かねてから海音の“人魚説”がSNSでも話題になっているが、次回予告では海音の「私、人間じゃないの」というセリフや、海音と倫太郎のキスシーンが放送された。この予告にも「来週までモヤモヤしてお待ちしております(笑)」「次回予告やばい、、、」「え、人じゃないの?」「来週は気合い入れて見る」「予告見ただけで叫んじゃったw」などの声が寄せられ、反響を集めている。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/29 18:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます