【天皇賞・春】オルフェーヴル産駒3頭が8枠に集中、確率は680分の1

拡大画像を見る

 5月2日に阪神競馬場で行われる天皇賞・春(4歳上・GI・芝3200m・17頭立て)の枠順が29日に確定し、3頭出走のオルフェーヴル産駒がいずれも8枠に入った。確率としては680分の1の事象。

 同産駒はオセアグレイト(牡5、美浦・菊川正達厩舎)が馬番15番、メロディーレーン(牝5、栗東・森田直行厩舎)が16番、オーソリティ(牡4、美浦・木村哲也厩舎)が17番からの発走。

 オルフェーヴルは2012年の天皇賞・春に8枠18番から発走し、11着に敗れている。息子・娘たちが父のリベンジを果たせるか注目したい。

関連リンク

  • 4/29 17:08
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます