板垣瑞生、白石聖の本気ビンタに「気持ちよかった」

映画『胸が鳴るのは君のせい』完成報告イベントが29日、都内で開催され、本作が映画初主演となった美 少年/ジャニーズJr.の浮所飛貴をはじめ、白石聖、板垣瑞生、原菜乃華、髙橋洋人監督が登壇した。

累計発行部数250万部を突破した紺野りさの同名コミックを実写映画化した本作。クールで何を考えているか分からない高校生・有馬隼人(浮所)と、隼人の気まぐれな態度に振り回されながらも、一途に思いを伝える篠原つかさ(白石)の恋模様が描かれたラブストーリー。


有馬に振り向いてもらえないつかさが気になりアプローチをかける高校生・長谷部泰広を演じた板垣。「僕にとって大好きな作品になりました」と笑顔で挨拶すると「とにかく有馬とつかさにきゅんきゅんさせられました。ありがとうと言いたいです」と白石と浮所に感謝。



人気少女漫画の明るく健気なヒロインを演じた白石は「原作へのリスペクトもあり、しっかりつかさに寄り添えたのかな……」と撮影中は不安に感じることも多かったというが、完成した作品を観て「自分で演じていたのですが、作品への没入感がありました。とても素敵な作品にしていただいた監督をはじめスタッフの皆さんに感謝したいです」と満足そうな表情を浮かべていた。

きゅんきゅんがいっぱい詰まった作品。劇中で“胸が鳴る”シーンを聞かれた板垣は、花火大会の日、長谷部が不意打ちでつかさにキスし、思い切りビンタされるシーンをあげる。板垣は「作品を観てもらうと分かるのですが、ビンタされたとき、僕がしていたイヤーカフがきれいに宙に飛んだんです」と白石のビンタがかなり強烈だったことを明かす。


続けて板垣は「実はそのイヤーカフに“失恋”という文字が彫ってあって、それが飛んだというのもすごく印象に残っています。あまりにも威力があったので、頭の中が真っ白になったんです。すごく上手なビンタでした」と発言し周囲を笑わせていた。

一方、板垣に強烈なビンタを見舞った白石は「私もこのシーンは一番胸が鳴った場面でした」と苦笑いを浮かべると「もしあたりどころが悪かったりすると、テイクを重ねなければいけないので、とにかく一発で決めなければいけないと思って、すべての思いを込めたんです」と述懐。板垣が「気持ちよかったです」と笑顔を見せると、白石は「ごめんね」と可愛らしく謝罪していた。


青春のほろ苦い思いが堪能できる作品。白石は「たくさんの人に観ていただきたいです」と作品をアピールすると、板垣も「皆さんの胸を鳴らしたいと思います」とヒット祈願していた。

関連リンク

  • 4/29 16:04
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます