美 少年・浮所飛貴「毎日キュンキュンさせられている」存在明かす

美 少年/ジャニーズJr.の浮所飛貴が29日、都内で行われた初主演映画『胸が鳴るのは君のせい』完成報告イベントに、白石聖、板垣瑞生、原菜乃華、髙橋洋人監督と共に登壇し、きゅんきゅんトークを展開した。



本作は、累計発行部数250万部を突破した紺野りさの同名コミックを実写映画化。なにを考えているのか分からないが、ふとしたところで優しさをみせる有馬隼人(浮所)と、明るくしっかり者の篠原つかさ(白石)の友情にも恋にも似た不思議な関係が、少しずつ進展していく姿が爽やかに描かれる。

本作が映画初主演となる浮所。「初めて主演を務めた映画が完成しました。早く皆さんに観ていただきたい。僕自身も胸が鳴っています」と笑顔で挨拶すると「現場は、本当に学校生活をしているような感じで和気あいあいとしていました」と撮影を振り返る。


座長として臨んだ現場。浮所は「学園ものなので仲良く、みんなでやりやすい雰囲気になるといいなと思っていました。一つのチームとして一丸となれればいいなと、共演者はもちろんスタッフさんを含めて自分から話しかけていきました」と現場での立ち振る舞いを明かすと、板垣も「ウッキー(浮所)のおかげで、人と人との距離がない、とても雰囲気の良い現場でした」と浮所の現場での姿勢を称賛していた。



「片思い」をリアルに切り取った本作。劇中“胸が鳴る”シーンについて聞かれた浮所は、シュシュを落としてしまったつかさの髪を、有馬が後ろから束ねて持ってあげるシーンをあげる。浮所は「このシーンはコミックにはない、映画オリジナルなんです」と説明すると「女性の髪を触るのって、なかなか経験ないし、普段しないですよね。その意外性と二人の距離の近さがいいなと思いました」と笑顔。白石も「私も大好きなシーンです」と照れくさそうに語っていた。


さらに映画公式Twitterで「日常でキュンキュンさせられるシーン」について質問が寄せられると、浮所は「ワンちゃんを飼っているのですが、帰ると出迎えてくれるんです。毎日キュンキュンさせられています」とデレデレ。続いて「普段から真似したいと思ったシーンは?」という問いに浮所は「有馬くんは僕と正反対で、めちゃめちゃクール。男の僕でも憧れるんです。歩き方やカバンの持ち方も格好いいので真似したいですね」と回答していた。


いよいよ公開まで1か月となった本作。浮所は特製の鐘を鳴らし「胸きゅん宣言」をすると「本当にきゅんきゅんする映画となっていますし、どの年代の方でも楽しめる作品になっています」と作品をアピールしていた。


関連リンク

  • 4/29 15:01
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます