横浜FCの齋藤功佑が負傷…肩甲上腕関節、上腕骨前方脱臼で全治6〜8週間

拡大画像を見る

 横浜FCは29日、MF齋藤功佑が負傷したことを発表した。

 齋藤は24日に行われた明治安田生命J1リーグ第11節の横浜F・マリノス戦に先発出場したものの、負傷により9分に途中交代を余儀なくされていた。発表によると、同選手は左肩甲上腕関節、上腕骨前方脱臼と診断。全治は受傷日より6〜8週間となっている。

 現在23歳の齋藤は横浜FCユースから2016年にトップチームへと昇格した。2020シーズンはリーグ戦21試合に出場し2ゴールを記録。今シーズンはここまでリーグ戦9試合に出場し1ゴールを記録していた。

関連リンク

  • 4/29 14:01
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます