大倉忠義「なにわ男子のお父さん」デビューで関ジャニ∞脱退→プロデューサー転身も?

拡大画像を見る

 4月25日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に、関ジャニ∞の大倉忠義(35)が出演。関西ジャニーズJr.内のユニット、なにわ男子の西畑大吾(24)から「お父さんみたいな存在」と言われる場面があった。

 この日は大倉をゲストに迎え、さまざまなトークを展開。その中で、MCを務めるくりぃむしちゅーの上田晋也(50)が「後輩さんの舞台の演出とかもやってるんでしょ?」と尋ねると、大倉は「そうですね、やらせてもらってますね」と答え、「(舞台だけではなく)ライブ演出だったり。1番最初は構成から演出から全部やってました」と幅広く手がけていることを明かした。

 また、演出を手がけようと思った理由について、大倉は関西ジャニーズJr.の様子を知りたいと、軽い気持ちで舞台を観たところ、「すごい才能の子たちがあふれているな」と感じたのだという。そして、その時期はジャニー喜多川氏が関西ジャニーズの面倒を見られず、若手メンバーが埋もれていた状態だったようで、「なんか自分に手伝えることがあれば手伝わせてもらっていいですかっていうことで、やらせてもらいました」と説明した。

 大倉によると、自身が出演する機会はないが、演出の仕事は楽しいという。大倉が「彼らがどんどんと人気出てきたりとか、ステージで成長している姿を見ていると、なんか幸せに思いますね」とそのやりがいを語ると、上田はジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長(39)のように、本格的に演出を手がけることになるのか質問した。

 それに対し、大倉は「関ジャニのライブ演出もけっこうやらさせてもらってるんで、それはあるんですけど、いまの関ジャニをやりながらできることであれば、全然やらせてもらう」と答え、さらなる演出の仕事に意欲を見せた。

■なにわ男子はかわいい息子?

 そんな中、ライブの演出を大倉に手がけてもらっているという西畑がVTRで登場し、「的確なアドバイスをくださる」と大倉の演出を絶賛。さらに「細かいところまで教えてくださるので、僕たちからすると、本当にお父さんみたいな存在」と大倉に感謝すると、「お父さん」という言葉に大倉はとまどいを見せながらも、うれしそうな表情をしていた。
 
 なにわ男子は大倉と横山裕(39)がバックアップをしているが、昨年には関ジャニ∞から引き継ぐ形で森永製菓の「ハイチュウ」のCMに起用されるなど、じょじょに全国区の存在になりつつあり、デビューも間近だといわれている。

 もともとは、ライバル視されている美 少年のほうが先にデビューすると見られていたが、こちらは昨年12月、メンバーの佐藤龍我(18)に女優の鶴嶋乃愛(19)との“お泊まり愛”が報じられ、デビューが見送られることに。現状では、なにわ男子のほうが、一歩、リードしている形だ。

 番組では、グループ脱退を否定していた大倉だが、その発言を聞く限り、なにわ男子にはかなり入れ込んでいる様子だ。もしもなにわ男子がデビューすることになれば、このまま脱退し、プロデューサーへ転身という可能性も十分にあり得るかも!?

関連リンク

  • 4/29 12:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます