“芸能人御用達”電撃婚を可能にする高級マンションのナルホドな「条件」

拡大画像を見る

 近年、交際報道もなかったタレントカップルが突然、結婚を発表して驚かされることが多い。

 最近では、4月2日に結婚発表した有吉弘行&夏目三久がそうだが、同じような例としては、山本耕史&堀北真希(15年8月22日発表)、福山雅治&吹石一恵(15年9月28日発表)、玉木宏&木南晴夏(18年6月21日発表)、山里亮太&蒼井優(19年6月5日発表)、 岡村隆史&一般女性(20年10月23日発表)、松坂桃李&戸田恵梨香(20年12月10日発表)などが挙げられる。

多くの人気タレントが、芸能マスコミにマークされず結婚に至る背景には、同じマンション、あるいは敷地内に住んで交際するというやり方が定着したことがあるが、いったいどんなマンションが選ばれるのか。

「セキュリティが万全なのはもちろん、地下駐車場があり、そこから専用エレベーターで自室のあるフロアに上がれる。1フロアに1部屋、2部屋しかない造りで、エレベーターで自分のキーをかざしその階にしか止まらない。さらに、マスコミが張り込みしづらいようにマンションの前の道が狭いといった条件がそろったマンションです」(女性誌記者)

 当然、そんなマンションは限られるため、同じマンションに多数の芸能人が住むケースが多くなり、「その結果、誰と誰が付き合っているのかバレにくくなるということにもなる」(前出・女性誌記者)というのだ。また、部屋の中もだいたいパターンが決まっているそうだ。

「2人で料理をつくって愛を育むスタイルを好むためか、アイランドキッチンでリビングが広い物件を好む傾向にあります。また有吉&夏目が結婚発表後、初めてペアショットを撮られた際、有吉がペットの犬を抱えていましたが、芸能人カップルの犬の散歩シーンが撮られるのはもはや定番。ペット可の物件であることは必須のようですね」(不動産関係者)

 いかにも高級そうなマンションだが、高収入を維持できているからこそ住めることは言うまでもない。

関連リンク

  • 4/29 9:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます