桐山漣“キラ”のイメチェン計画が進行!?

拡大画像を見る

吉川愛と板垣李光人がW主演を務めるモクドラF『カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の第5話が、4月29日に放送される。

同ドラマは、一生懸命働くあまり自分自身には手を抜きがちな新米漫画編集者・和子(わこ/吉川)と、メイクもファッションも完璧で女性と見間違われるほど美しい青年・周(めぐる/板垣)のキュートなラブストーリー。ともに連続ドラマ初主演となる2人が、ありのままのお互いを受け入れ合い、2人で一緒に成長していく、新時代の理想のカップルに扮する。また、実力派俳優の水野美紀・桐山漣ら個性あふれるキャスト陣によるドラマオリジナルストーリーも展開、カラフルな恋愛群像劇が描かれる。

前回の第4話では、おいでやす小田演じるシングルファザーの境と、娘・乙姫(川上凛子)とのやり取りが話題に。境の誕生日に乙姫が手紙を読むくだりで見せた小田の演技に「おいでやす小田さんの演技凄くすごく良かったです」「おいでやす小田さんに泣かされた」といった反響があった。

<第5話あらすじ>
正式に付き合い始めた漫画編集者の和子(吉川)とスタイリスト周(板垣)は同じベッドで目を覚まし、一緒に朝食を作るというラブラブな朝を迎える。

「好きだよ、周くん」「僕も大好きだよ、和子ちゃん」

大好きな人と思いが通じ合う幸せをかみしめる2人……。

一方、編集長あさひ(水野)は、モデルのキラ(桐山)からのデートの誘いをキッパリ断ったものの、心が揺れる。キラは、あさひにフラれて落ち込んでいた。そんな中、キラにドラマ出演のオファーが舞い込む。ただし、役柄に合わせて髪を切らなければならないという。キラは自分の“襟足”を非常に大切に思っており、絶対に切りたくないと拒絶。マネージャーの高林(吉田ウーロン太)は、新しい挑戦をする良い機会を逃してしまうのではないかと頭を抱える。

周は高林から、タレント活動を真剣に考えてほしいと持ち掛けられる。子供番組に出演して以来、周は注目されるようになっていた。タレントになることに興味がなかった周だが「新しい価値観を打ち出していこう」と高林に言われ、興味を持ち始める。

和子の出版社では、同期でファッション誌編集者の玲(中川大輔)が、キラを起用した漫画誌とのコラボ企画をファッション誌で行いたいと、あさひに提案する。企画のコンセプトは“新しいキラ”。キラのイメージを変えようとする大胆な玲のアイデアは、キラの事務所側からも承諾を得る。その企画に沿って、撮影が行われることになるが……。

関連リンク

  • 4/29 6:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます