不気味な街が舞台!映画『サイレントヒル』のストーリーを解説【ネタバレあり】

拡大画像を見る

『サイレントヒル』は、2006年に公開されたホラー映画。独特の世界観とゾクゾクするような展開が魅力の作品です。今回は、本作のあらすじについてネタバレも含め紹介していきます。「ホラーは得意じゃないから内容だけ知りたい」、「一度観たけどどんな話か忘れてしまった」という人は、ぜひチェックしてみてください!

『サイレントヒル』ってどんな映画?

サイレントヒル

サイレントヒル

2006年/アメリカ 日本 カナダ フランス/126分

作品情報 / レビューはこちら

『サイレントヒル』は、コナミが発売した同名の人気ホラーゲームを原作とする映画です。不気味な廃墟・サイレントヒルを舞台に、この地を訪れた母娘を襲う恐怖と悲劇を描いています。

独特の世界観、ストーリー中に散りばめられた謎、登場する化け物のリアリティなどが魅力。街に隠された闇が明かされるラストシーンでは、じわじわと吞まれるような恐怖を感じること間違いなしです!

『サイレントヒル』の作品情報

原題:Silent Hill
監督:クリストフ・ガンズ
製作:サミュエル・ハディダ、ドン・カーモディ
公開年:2006年
上映時間:126分
製作国:アメリカ、日本、カナダ、フランス

『サイレントヒル』のキャスト情報

ローズ/役:ラダ・ミッチェル
クリストファー/役:ショーン・ビーン
シャロン/役:ジョデル・フェルランド

『サイレントヒル』のあらすじ【ネタバレ解説】

『サイレント・ヒル』

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/519ARTASY9L._AC_.jpg

画像出典:Amazon

廃墟と化した街“サイレントヒル”へ向かう母娘

ローズとクリス夫妻は、養子として引き取った娘・シャロンのおかしな行動に悩まされていました。シャロンは、毎晩悪夢にうなされベッドから抜け出しては、“サイレントヒル”という言葉を繰り返すのです。娘を案じるローズは、サイレントヒルについて調べ、それがウエストバージニアにある街の名前だということを知りました。

ローズは、実際にサイレントヒルに足を運ぶことで、シャロンを治すための手がかりが見つかるのではないかと考え始めます。そして、夫に知らせないまま車を走らせ、シャロンと一緒に街へと向かうのでした。

しかし、街へ向かう途中事故に遭い、ローズが意識を失っている間に、シャロンが姿を消してしまいます。目を覚まし車の外に出たローズが目にしたのは、灰が降る街・サイレントヒルでした。ローズがシャロンを探そうとすると、突如大音量のサイレンが鳴り始めます……。

老女・ダリアとの出会い

ローズはシャロンを見つけるため、街にある建物の奥深くへと入っていくことに。しかし、闇の中からゾンビのような怪物があらわれ、あわてて逃げ惑います。必死の抵抗もむなしく彼らに囲まれてしまったローズですが、そのとき視界が暗転し、気がつくと別の一室に移動していました。

建物の外に出たローズは、街頭でボロボロの服を着た老女・ダリアと出会います。ローズが娘の行方を追っていると相談すると、彼女も自分の子どもを失ったのだと告白。しかし、ローズが娘の写真を見せた途端、ダリアは「私の子!」と叫び写真を引ったくろうとします。驚いたローズは写真を隠して老女のもとから逃げ出すのでした。

警察官・シビルとともに怪物から逃げ回るローズ

その後、ローズは車に戻ったところを警察官のシビルに捕まってしまいます。シビルは、サイレントヒルの手前で母娘を見かけたとき、異様な雰囲気を嗅ぎ取り、ローズが誘拐犯なのではないかと疑っていたのです。

シャロンがいなくなったと訴えるローズのことを、シビルは当然信じようとしません。しかし、次々と襲い掛かってくる怪物を前に、2人は行動をともにすることになります。危険な目に遭いながらも娘を探し続けるローズを見て、シビルも少しずつ彼女を信じるようになるのでした。

住人に導かれ教会へとたどり着くが……

街に出た2人は、アンナという女性が先ほどの老女・ダリアに石をぶつけているところに遭遇。アンナは、住人たちは教会に集まり、司祭クリスタベラによって守られていると説明します。2人はアンナに導かれて教会へと逃げ込むと、クリスタベラにシャロンを探したいと相談することに。

はじめ、優しい態度を崩さなかったクリスタベラですが、ローズが彼女にシャロンの写真を見せると態度を豹変させます。シャロンの顔が、クリスタベラが魔女と見なす少女・アレッサに瓜二つだったからです。ローズはクリスタベラの信者たちに襲い掛かられますが、シビルが割って入ってくれたおかげで、間一髪で逃げることができました。

ローズは建物を走り回るうち、いつの間にかアレッサのもとへとたどり着きます。彼女はローズを迎え入れると、この街の真実について語り始め……。

街に隠された忌まわしい歴史

数十年前、未婚の母から産まれたアレッサは、周囲から疎まれ、いじめられていました。彼女の母は、ローズが街で会った老女・ダリア。つまり、ダリアが言っていた娘とは、アレッサのことだったのです。

アレッサが受けた仕打ちは、ただのいじめだけでは終わりませんでした。クリスタベラはアレッサを魔女だと決めつけ、彼女を火あぶりの刑に処したのです。自分の司祭としての地位を上げたかったクリスタベラは、何の罪もない少女を平気で利用しました。

しかし、処刑は失敗。アレッサは全身にやけどを負いながらも、奇跡的に生き残ります。そしてこの世のすべてを呪い続け、闇の世界と数々のモンスターを生み出したのでした。

ちなみに、このときアレッサが自分の良心を切り離し、1人の人間として作りあげたのがシャロンです。2人の姿がそっくりなのも、シャロンがサイレントヒルを求めていたのも、2人がもともと1人の人間だったことが原因でした。

アレッサによる復讐劇!ローズとシャロンは……

クリスタベラや街の人間に復讐をしたいと願いつつも、教会に入ることを許されないアレッサ。そんな彼女に対し、ローズはシャロンを返してもらうことを引き換えに、自分の身体を貸すと約束しました。2人は悪魔の契約を交わしたのです。

教会に戻ったローズは、恐ろしい光景を目の当たりにします。シビルが炎によって焼き尽くされ、いつの間にか捕まっていたシャロンも火あぶりにされかけていたのです。しかし、間一髪というところで、ローズの身体の中から現れたアレッサが暴れまわります。街の住人は皆殺しにされ、ただアレッサの母であるダリアが生き残っただけでした。

街の外に出たローズとシャロンは、サイレントヒルを後にして自宅へと向かいます。しかし、そこでローズたちを待っているクリスの姿が、なぜか2人には見えません。そして同じように、クリスも2人が帰ってきたことに気付かないのです。同じ場所にいるはずの彼らは、決して出会うことなく、まるでパラレルワールドに存在しているかのようでした……。

『サイレントヒル』の評価は?

大手レビューサイトの評価は以下の通りです。

Filmarks:★3.3/5.0
Amazon:★3.7/5.0
IMDb:★6.5/10.0
映画.com:★3.3/5.0

どのサイトでも、大体6割から7割程度の評価を受けていることがわかります。ホラー映画であるうえにグロテスクな描写も多いため、好き嫌いがはっきりと分かれるようです。

レビューコメントを見てみると、原作ゲームのファンからも高く評価されています。独特の世界観がしっかりと作り込まれた、ホラー好き必見の作品だといえるでしょう。

廃墟と化した街で恐怖に襲われる……『サイレントヒル』

廃墟の街をさまようことになった主人公たちの姿を描く『サイレントヒル』。クライマックスへ向かっての怒涛の展開には、緊張のあまり息つく間もなくなってしまうほどです。

本作はHuluやNetflix、Amazonをはじめとした各種動画配信サービスで視聴することができます。実際に作品の雰囲気を味わいたい人は、ぜひ本編を最初から最後まで楽しんでください!

関連リンク

  • 4/27 23:30
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます