無印良品「高たんぱくのお菓子」に新商品のチョコバー3種が登場!

拡大画像を見る


良品計画は、毎日、無理なくおいしく、間食でバランスよくたんぱく質を摂取できる「高たんぱくのお菓子」の新商品3アイテムを、全国の「無印良品」にて4月28日(水)から、ネットストアでは4月29日(木)から発売する。

「間食」でバランスよくたんぱく質を摂取

「無印良品」では、筋肉や臓器、髪や肌、爪、ホルモンや抗体などの体調機能成分など、人間のからだを構成する上でなくてはならない栄養素「たんぱく質」に注目。

1日に摂取する推奨量の目安は18歳以上の男性で約60g・女性で約50gとされ(※)、食事だけで推奨量をとるのは意外とむずかしい。そこで、間食でバランス良く摂取できる「高たんぱくのお菓子」を開発し、4月上旬からビスケットや大豆チップなど6アイテムを発売している。

大豆由来の原料入りチョコバー3種

今回、新アイテムとして登場するのは、大豆由来の原料などで高たんぱくに仕上げたチョコバー3種。

大豆パフとオレンジピールをミルクチョコに混ぜ込んだ「高たんぱくのお菓子 ミルクチョコバー」、大豆パフとドライいちごをいちごチョコに混ぜ込んだ「高たんぱくのお菓子 いちごチョコバー」、大豆パフとクランベリーをホワイトチョコに混ぜ込んだ「高たんぱくのお菓子 ホワイトチョコバー」で、価格は各150円(税込)。

食べやすいチョコバータイプの「高たんぱくのお菓子」で、不足しがちな「たんぱく質」を手軽に取り入れよう。

※年齢や身体活動量によって、また妊娠中や授乳中の方は必要量が異なります。

  • 4/28 19:14
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます