スカートもワンピースもジェンダーフリーに! 新ブランド『IIQUAL(イーコール)』が登場

拡大画像を見る

「23区」や「組曲」といったファッションブランドを手がけるオンワードグループより、若い世代に向けてジェンダーイコーリティに向き合った新ブランド『IIQUAL(イーコール)』が登場。4月22日より販売をスタートしている。

『IIQUAL』は、100年近い歴史を誇る大手アパレルのオンワードグループで、デジタル戦略を担う株式会社オンワードデジタルラボより、今年の3月から登場した「ONWARD Design Diversity(オンワード・デザイン・ダイバーシティ)」事業の第2弾として立ち上がった。

若者をメインターゲットにしたジェンダーフリーのブランドとして、服の定義として一般的なメンズやウィメンズといった概念がなく、性別を問わずに着こなせることが最大の特徴だ。

ワンピースやスカートをはじめ、シャツやパンツなども既存の概念にとらわれることなく「自分らしさ」を身につけることができる。

たとえば男性の場合、これまでの価値観ではスカートやワンピースは女性が着るものというイメージが強く自分が着たいと思っていても、どうしても抵抗感が生まれてしまうもの。

そうしたファッションの固定的な価値観を変えるべく、『IIQUAL』は思い切って新しいアイテムを着てみることで、今までの価値観を脱ぎ去るような体験を応援していくとのこと。

実際のアイテム制作にあたり、ジェンダーフリーを実現する上で生物学的にどうしても発生する体格差を考慮しつつ、心理的な負担を少なくするデザインを心がけているという。

ワンピースはストレートなシルエットを採用し、ファスナー部分は慣れていない男性でも着やすいように長めに設定されるなど細部にもこだわっている。フィッティングを重ね、型紙の調整を行いながら性別を超えた様々なアイテムが作り出されているのだそうだ。

またブランドローンチに合わせ、ブランド通販サイトと公式note上でスタイルブック「Diverstyle Book」が公開されている。スタイリングの参考にとどまらず、ジェンダーバイアスにとらわれない生き方のインスピレーションにもなることが特徴だ。ジェンダーへの固定概念を自分らしくそれぞれの形でアップデートしている姿が伝えられている。

スカートを普段着として着用する男性やスタントパフォーマンスを職業とする女性など、多様性のあるその人らしさを実現している人たちのインタビューが随時公開されていくとのこと。

自分らしさの表現と社会からの見られ方に悩む人は、『IIQUAL』のブランドビジュアルやインタビューなどをチェックしてみてほしい。自分らしく生きることのヒントがあるはずだ。

『IIQUAL』ブランド通販サイト:
https://www.onwarddd.com/pages/iiqual

公式Instagram:
https://www.instagram.com/iiqual.official/

公式note:
https://note.com/iiqual_official

関連リンク

  • 4/28 15:00
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます