ニコラス・ケイジ主演ホラー・アクション、伊藤英明出演作ほか未公開作を上映「カリコレ」開催

拡大画像を見る

ミニシアター“シネマカリテ”が贈る魅惑の映画祭「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション(R)2021」(略して「カリコレ(R)2021」)が、7月9日(金)~8月5日(木)の4週間に渡り開催されることが決定した。

2014年の第1回開催から好評を得ている「カリコレ」。7回目を迎える今年、1弾ではジャンルや国境を越えた選りすぐりの新作9作品、旧作1作品の全10タイトルが決定。澄み切った夏の空の下、軽快に外へ飛び出したアリスを描いたメインビジュアルは、例年同様イラストレーターの田中梓氏による描き下ろしとなっている。


オープニング作品はレトロ・フューチャー感たっぷり


今年のオープニング作品は、電子楽器を手にした若き女性ミュージシャンの挑戦を描いた『ショック・ドゥ・フューチャー』(シネマカリテにて8月27日公開)。デジタル楽器としてのシンセサイザーが普及し始め、世界中のミュージシャンが新しい音楽の可能性を探り、日本ではYMOが結成された70年代後半。パリを舞台に、電子楽器を手にし、新しい音楽の可能性を探り求めた若き女性ミュージシャンの姿をレトロ・フューチャー感あふれる映像でエモーショナルに描いた青春音楽映画。


主演はアレハンドロ・ホドロフスキーを祖父に持ち、モデルとしても活躍するアルマ・ホドロフスキー。電子音楽ファンには見逃せない注目作の先行プレミア上映からスタートする。

新作9作品、旧作1作品がラインアップ


VFXを駆使し、スーパースケールで人類VSエイリアンの攻防を描くSFバトル・アクション超大作『インベイド』。異星人の侵略により、滅亡の淵に追いつめられた人類。世界の運命を握る“レインフォール”の謎とは?


ホラー作品は、故障した車の修理費を稼ぐため、廃れたテーマパーク“ウィリーのワンダーランド”での清掃を引き受けた男が、悪夢のようなアニマトロニクスの人形たちと死闘を繰り広げるニコラス・ケイジ主演のホラー・アクション『Willy’s Wonderland』(原題)。


1つ怪談を話し終える度に1本ずつ蝋燭を消していくと恐ろしいことが…! 日本人なら1度は耳にしたことのある怪談「百物語」にインスパイアされて製作されたニュージーランド発のショッキング・ホラー『怪談百物語』も登場。


また、今年のカリコレはアクションも凄い。一見平凡なドアマンとして働く女性が、強盗集団に襲われると一転、元海兵隊としての特殊スキルを武器に敵を追い詰めていく! ロサンゼルスを拠点に活躍する北村龍平監督のもと、ルビー・ローズを筆頭にジャン・レノ、伊藤英明ら豪華キャストが集結したアクション大作『ドアマン』。


歴史的小説「オリヴァー・ツイスト」を現代風に映画化、最強の怪盗チームが幻の名画奪還作戦に挑む『スティーラーズ』がお目見え。若手俳優の中でも今後が注目されるジュード・ロウの息子ラフ・ロウを始め、イギリスを代表する名優マイケル・ケインら豪華キャストで放つアクション・エンターテインメント。


韓国からは、子どもの手術代を稼ぐため、死体処理という闇の仕事を請け負ったトラック運転手(ユ・ヘジン)の前に突然現れた連続殺人鬼を追う警察官。死体を荷台に載せた運転手の究極の選択を描くクライム・スリラーの傑作『トラック』が登場。


さらに、コンテンポラリーダンサーと革新的なピアニスト、そして若き振付師との恋の行方を描いた『High Strung Free Dance』(原題)は、2016年のカリコレにて上映され大ヒットを記録した『ハートビート』の続編。


旧作からは、“ハリウッドに嫌われ、愛された男”巨匠ロバート・アルトマンが、映画業界の内幕を風刺と皮肉たっぷりに暴き出し、カンヌ国際映画祭にて最優秀監督賞&男優賞に輝いたブラック・サスペンス『ザ・プレイヤー』(92)が上映される。


「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション(R)2021」は7月9日(金)~8月5日(木)までシネマカリテにて開催。

(text:cinemacafe.net)

関連リンク

  • 4/28 12:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます